任天堂

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲6年(2012年)
12月17日 18:08
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

任天堂を筆頭に,日本の遊画(ゲーム)会社にはおもちゃ屋だったもの,あるいはおもちゃ屋になっていったものが目立つ,ということも注目すべきだろう。

=}{*}

デライト構想的な完成度が高いのはいいのだが,そこを突き詰めたとして,そもそも世の中で売れてる実用系の柔品ソフトウェア)はそんなキッチリしたものではない,という問題がある。ただ,娯楽系だと丁寧に作ってちゃんと売れる企業が強い。任天堂とか。

=}{*}

最近,『スーパーマリオ ラン』とか『マリオカート ツアー』とか少しやってみたのだが,任天堂でも諸場モバイル)向けだとああいう感じになってしまうのか,とちょっと考えてしまった。内容は割と気軽に遊べるように工夫されているなと思ったけど。

=}{*}{*}

=}{*}

この前,細かく丁寧な仕事では日本人が一番信用出来るが,クラウド化などで発想を変えられた時に弱い,というようなことを書いたが,これって Stadia にも言えることだな。やっぱり任天堂は凄い,とか言って安心していたらゲームチェンジャーに一気に株を奪われる。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha