イギリス

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲6年(2012年)
08月25日 19:34
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
グレートブリテン及び北アイルランド連合王国。

一覧

=}{*}

アメリカイギリスに比べて,文化的に近い日本が政治的に安定しているのは,やはり国民平等意識によるところが大きいと思っている。経済成長の鈍化は格差拡大のブレーキにもなっていて,社会分断をギリギリのところで食い止めている。しかし,それも時間の問題だ。

=}{*}

日本がこれから中国アメリカを抜き世界最大の極大国(ハイパーパワー)に成長することを考えた時,最も重要な先例はイギリスだ。イギリス産業革命に匹敵する衝撃を日本から生み出す必要がある。そしてそれは可能なことだ。

=}{*}

質的国力量的国力を駆逐する現象の良い例が産業革命だ。当時のイギリス中国はもちろん日本と比べても量的に大きな国ではない。革新的な産業構造の転換を果したから超大国に成長したわけだ。同じようなことをいま日本がやればいい。

=}{*}

スコットランド独立運動イギリスのような国での孤立主義の哲学的な脆弱性を示していて面白いな。考えてみればイギリス自体が EU をとやかく言えない連合体だしな……。

12
出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha