翻訳

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲8年(2014年)
07月09日 01:26
下描き希哲6年(2012年)
06月18日 11:14
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

宇田川の理論では,言語における綜合の一種。

一覧

=}{*}

これまで,モードmode)の訳語として「模動」(もどう)を使っていたが,「模度」(もど)の方が良い気がしてきた。モードはラテン語〈modus〉に由来するが,これには尺度という意味がある。

=}{*}

漢字綿」には「細かい」(綿密)の他に「続く」(連綿)の意もあるのでメンテナンスの訳語に上手く使えそうなのだが……。「綿点」で「継続的点検」と解釈するか?

=}{*}

メンテナンスを綿密点検の意で「綿点」(めんてん)と訳していいものか。

=}{*}

割と古い希哲館訳語に,論組プログラミング)における「コンテナ」にあてた「梱体」(こんたい)というのがあるが,Docker などのおかげで最近は仮想化の文脈でも利用価値が出てきた。

=}{*}

ポスト〜」というカタカナ英語をどう訳すか,というのは結構難しい問題なのだが,最近「没〜」と「脱〜」を組み合わせると割と妥当な語感に落ち着くことを発見した。あるものが没落していくような状況を表わす時には「没〜」,そのものから脱しようとする運動などを表わす時(ポスト〜イズム)には「脱〜」を使う。例えば,ポストモダンは「没近代」,ポストモダニズムは「脱近代」と訳せば割と直感的だ。と,ポスト・トゥルースを「没真実」と訳してみて再確認した。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha