翻訳

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲8年(2014年)
07月09日 01:26
下描き希哲6年(2012年)
06月18日 11:14
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

宇田川の理論では,言語における綜合の一種。

「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

一覧

=}{*}

以前,ソートを「揃え」と訳していたのだが,「混ぜ揃え」(マージソート),「番揃え」(バブルソート),「急揃え」(クイックソート)とか,意外としっくりくる日本語があてはまって面白かったな。

=}{*}

ライオンを「雷王」と訳したくなる時がある。雷鳴のように吼える百獣の王だから。

=}{*}

そういえばファイアーウォールを「防塁」(ぼうるい)と訳したことがあった。ウォールの音写のつもりだったのだが,防塁という言葉は古い軍事用語としてちゃんとあって,元寇時のそれは後に「元寇防塁」と呼ばれた。一番面白かったのは,中国語読みで「ファンレイ」だったこと。

=}{*}

ただ,こういう翻訳語の話題って本当に人気が無い。どう考えても面白いだろうと思うし,希哲館事業が発足した10年くらい前にはこの手の話題を扱ったサイトもちらほらあった。世界金融危機で疲弊して英語追随の風潮が出来て,日本語に期待する人がもうあまりいないのかもしれない。

=}{*}

結構前に考えた訳語だが,「筒路」(とうろ,トンネル)と「着路」(ちゃくろ,チャンネル)という訳語も今思うと我ながらよく出来ている。中国語読みするとトンルー,チェールーなのも素晴らしい。

=}{*}

やはり,データベースは「出与え場所」,略して「出場」(でば)としておくのが無難なのか,と思ったがやはり一見すると出場(しゅつじょう)と紛らわしい。となると「出場所」か。となると出与え場も捨てがたい……となるからやっぱり出場でいいや。

=}{*}

台録」(ディレクトリ)という希哲館訳語も私の中でもうすっかり定着したな。使いやすい。〈directory〉は元々「名簿」などを表す言葉で,広義の「台帳」と捉えられる。「台本」ともいうように,「」は基礎になるものという意味でも使われる。

=}{*}

ブックマーク」を,場込め場噛み場噛ませ場向け……このあたりで訳せそうな気がした。ちなみにパス(path)は「場筋」(ばすじ)と訳している。

=}{*}

特に榕菴と私の翻訳活動は似ているな,と思うことがあるが,私の場合,希哲館事業のために必要だからやっているだけで特に影響を受けたわけではないから尚更不思議だ。

=}{*}

最近,コンビニエンスの訳語「近便」(こんびん)が再び私の中で面白くなっている。これを思いついた後,セブン-イレブン獲句(キャッチコピー)が「近くて便利」であることに気付いた時は妙な感動があった。

=}{*}

そういえば,リポジトリをどう訳すかという問題はまだ解決してなかったな……。履保立本利本立保履本利保……これも決め手に欠けるどんぐりの背比べ状態だな。

=}{*}

ついでに,チューニングは「調安」(ちょうあん)で確定するか。

=}{*}

好修」(カスタムカスタマイズ)……意外としっくりくるな。本当に,何でも試してみるものだし考えてみるものだ。

=}{*}

そういえば,「カスタム」(カスタマイズ)の訳語も難題だった。それも,結構良さそうな訳語が色々出来て迷っている。「手を加える」を単純に漢語化した「加手」(かしゅ),少し捻った「加修」,原義により近い語感の「顧修」,もっと単純に,「勝手」(かって)をそのまま使う等々。

=}{*}

『レ・ミゼラブル』といえば,『憐情』(れんじょう)という邦題を考えたことがある。『噫(ああ)無情』が廃れてしまった今,これしかないと思っているのだが,ミゼラブル記法を「憐情記法」とすることで普及させる手もあるな。

=}{*}

スクリプト」(script)の訳語をどうするか,ずっと考えていた。「スクリプト言語」という時のスクリプトは「台本」の意。草記素記即記素繰り……案は大量に出たのだが,どうしても決め手に欠けていた。さっき,「即起」という語を思い付いて少し心が揺れた。

=}{*}

スクリーンショットの訳語を以前からあれこれ考えていたのだが,今日「即覧」という訳語を閃いてこねくり回した結果,「画面撮り」,略して「画撮り」で決着した。宣伝に使われる言葉でもあるので,解説されなければ分からない技巧的な訳語より,誰でも直感的に分かる平易な訳語が良いという結論に。

=}{*}

ちなみに,引括(インクルージョン),渡括(トランスクルージョン)はともに希哲館訳語。私はもはや希哲館訳語なしに技術文書を書く気になれない。言語としての表現力が違い過ぎる。

=}{*}

カーネルの訳語は「核脳」で確定。一日考えてみたが,これ以上のものは出てきそうにない。他の希哲館訳語と組み合わせるとカーネル モジュールは「核脳模従」,カーネル コンフィギュレーションは「核脳構配」などと表現出来る。

=}{*}

これまで,モードmode)の訳語として「模動」(もどう)を使っていたが,「模度」(もど)の方が良い気がしてきた。モードはラテン語〈modus〉に由来するが,これには尺度という意味がある。

=}{*}

漢字綿」には「細かい」(綿密)の他に「続く」(連綿)の意もあるのでメンテナンスの訳語に上手く使えそうなのだが……。「綿点」で「継続的点検」と解釈するか?

=}{*}

メンテナンスを綿密点検の意で「綿点」(めんてん)と訳していいものか。

=}{*}

割と古い希哲館訳語に,論組プログラミング)における「コンテナ」にあてた「梱体」(こんたい)というのがあるが,Docker などのおかげで最近は仮想化の文脈でも利用価値が出てきた。

=}{*}

ポスト〜」というカタカナ英語をどう訳すか,というのは結構難しい問題なのだが,最近「没〜」と「脱〜」を組み合わせると割と妥当な語感に落ち着くことを発見した。あるものが没落していくような状況を表わす時には「没〜」,そのものから脱しようとする運動などを表わす時(ポスト〜イズム)には「脱〜」を使う。例えば,ポストモダンは「没近代」,ポストモダニズムは「脱近代」と訳せば割と直感的だ。と,ポスト・トゥルースを「没真実」と訳してみて再確認した。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha