独自性

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲10年(2016年)
09月26日 23:51
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

そういえば,最近,希哲社でも素交ソースコード)の公開について考えているのだが,言語開発環境実行環境独自性が強いので,公開したところで私が積極的に支援しなければ「誰も読めないし動かせない」ものになる可能性が高い。

=}{*}

逆に言うと,ここまで極めてしまった独自性を世に出せる手段がデライトしかない。だから必死にならざるをえない。

=}{*}

恥ずかしい話,昔はこれだけ独自性のあることをウェブでやっているのだから,2ch とか SNS あたりでバズって広告収入だけでそこそこ儲けられるんじゃ,みたいなことを内心期待していた。現実,そんな美味しい話はないものだ。

=}{*}{*}

=}{*}

このデライトトップページ)と月庭kitetu.com)の扉を見比べてもらえると分かるが,月庭が独自性を徹底的に押し出しているのに対し,デライトは独自性を極力削ぎ,軽常カジュアル)に徹している。この「二刀流」が希哲館事業の武器になっていく,という確信がある。

=}{*}

高すぎる独自性というのは,どうしてもとっつきにくさでもあるのだが,そこを補えるデライト発明で完全な長所になった。つまり,月庭独自性を,デライト軽常(カジュアル)性を,それぞれ極める「二刀流」で攻める,という戦略が完成した。

=}{*}

ウェブサイトとしての月庭kitetu.com)の強みは,技術的な最適化能力が高いということもあるが,やはり司組システム)・献典コンテンツ)の両面における独自性の高さ。これは他の追随を許さない。

=}{*}

笑われようが嫌われようが,希哲社日本の情技(IT)業界唯一の希望だと自負出来る。ここまで強固な独自性を持った日本企業は存在しなかった。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha