調和

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲8年(2014年)
08月16日 01:58
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

そういえば,「取り成す」というのは調和させるという,バランスに近い意味がある言葉だな。「ばら成し」を「ばらけ(分散)させ,取り成す(調和させる)こと」と解釈するとかなりそれらしくなる。

=}{*}

デライト広告,とりあえずは領当てレイアウト)完了。私は根っからの広告嫌いで,デライトでも人が集まって金を稼ぐ必要に迫られた時にと考えていたのだが,これだけ調和していれば最初から堂々と掲載して問題ないだろう。むしろ商品としての完成度の高さに見えてきた。

=}{*}

もともと,デルン投稿を「描出」と呼んだり,輪郭固有の出与えデータ)を「描写」と呼ぶのは,「思い描く」というイメージから来ているので,「どう思う?」単純明快かつデルンの根想コンセプト)にも調和している完璧表現

=}{*}

結局,言語って「調和」が全てで,何か一つでも過不足があるとそれは簡単に崩れる。C++03 って一見不細工な言語に見えて,あれはあれで現場で使えた結果としての形なので,実は一定の合理性は担保されている。C++11 以降にはそれが無い。ただ「こんなのあったらいいんじゃない?」みたいな机上の空論で仕様を弄り過ぎ,というのが私の感想。

=}{*}

=}{*}

戦時中からの日本人集団主義(とあえて言っておくが)の欠点は,要するに不合理を「調和を乱さないため」に許容してしまうことにある。それが全て悪ではないが,それだけでは当然問題も起きる。日本社会のあちこちにある「意味不明な因習」の数々はこうして作られた。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha