ビデオ ゲームを「遊画」と訳す

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲9年(2015年)
03月01日 19:38
下描き希哲9年(2015年)
03月01日 18:56
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

最近,意外に使えるなと思っている訳語が「遊画ゆうが」だ。これは,ビデオ ゲーム(video game)に対応する訳語だ。

英語圏では,映像(ビデオ)を利用したコンピューター ゲームのことを一般に「ビデオ ゲーム」と呼んでいるが,日本語では少し特殊な事情がある。

日本では,ファミコンに代表される家庭用ゲーム機が普及した1980年代以来,ビデオ ゲームを「テレビゲーム」と呼ぶことが一般化した。当時の日本では「テレビ」は映像放送やテレビ受像機のことを指し,「ビデオ」は実質的に VHS カセットや再生機のことを指していたので,テレビに向かって遊ぶことを直感的に「テレビゲーム」と呼んでいた。21世紀になると,携帯ゲーム機も一般的なものになり,PCスマートフォンなどビデオ ゲームの遊び方も多様化したためテレビゲームという表現は実態にそぐわなくなった。もっとも,若者の間では単に「ゲーム」でテレビゲームのことを指していることが多かったので,それが残って現在では「ゲーム」でビデオ ゲーム一般を指すことが多い。

もちろん英語の「ゲーム」とは単に「遊び」のことであって,「ビデオ ゲーム」も日本では一般的に使われないので,これに対する正確な表現は日本語で流通していないことになる。そこで私が考案したのが「遊画」だが,これがなかなか使い勝手の良い言葉で,「映画」に近い感覚で使える。映画も,「活動写真」や「キネマ」などと呼称の変遷を経て落ち着いているので,ゲームが遊画に変わってもおかしくはない。

私自身,希哲社で「遊画」開発露事プロジェクトを持っているので,作り手としての感覚も多少は入っている。今後,私はこの「遊画」を積極的に使っていきたい。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha