知番

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲9年(2015年)
06月19日 08:19
下描き希哲9年(2015年)
02月22日 23:14
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

knumber (k-number), kno.

この描出は「素描」です。

一覧

=}{*}

デルン文章意味符号である知番を埋め込めるというのも大きな魅力なのだが,画像のように言語情報を持たない出与えデータ)を管理するのにも抜群の威力を発揮する。適当な名前を付けて,知番で厳密に参照出来て,他のあらゆる出与えと紐付け出来る。

=}{*}

お気付きのように,全ての輪郭には K# で始まる「知番」(knumber)という固定的な識別子が付与されている。私がよく言う「意味符号」の役割を果している。さらにお気付きのように,これをそのままマイクロブログ的に使っているのが「ツイスト」で,時事的な情報を有機的な知識に変換することが出来る。「マイクロブログ革命」の所以。

=}{*}

デルンは,世界初の意味符号化方式である知番(knumber)で概念符号化に成功している。私にとってはもうすっかり日常になってしまったが,冷静に考えるとこれは驚くべき事実だ。

=}{*}

デルンSNS に対する一つの明確な優位性は,情報密度にある。個々の情報を縦横無尽に結び付けることが出来る。これは世界初の意味符号化方式である知番(knumber)が可能にしていることで,今のところ希哲社専売特許

=}{*}

それが出来ると,例えばいちいち「制危(セキュリティ)」みたいな書き方をしなくても,「制危」の輪結(リンク)先に飛べばすぐ何を意味しているのか分かる。私がツイストでいちいち希哲館訳語を使うのにカタカナ語を併記しているのは,意味符号知番)を扱える実装がデルン以外に無いからだ。

=}{*}

少し前の記事に,ActivityPubMastodona 要素を受け付ける,と書いてあるのだが今も有効なら知番輪結(リンク)をそのまま埋め込めてかなり楽しいことになりそうなのだが,流石に制危(セキュリティ)的に対策されてるかな。

=}{*}

最近,デルンの実装もさることながら世界初意味符号化方式である「知番」(knumber)の役割の大きさを実感することが多い。

=}{*}

例えば,周辺機器知番を貼ってデルン上でいつどこで購入したか,どういう問題があったか,こう使うと便利,とか,色々な情報を描き出しておける。

=}{*}

最近はほとんど何にでも知番を付けている。

=}{*}

最近,駒手コマンド)一発で重要な出与え(データ)の書庫化から光学媒体への焼き込みまで出来るようにして,テプラ知番(knumber)を貼り付けてデルン上で管理,というイノベーションが起きている。

=}{*}

希哲館が「シンネット」(synnet)と名付けた「出インターネット」(エクソダス)構想では,もちろん知番(knumber)が統一識別子となる。

=}{*}

ちなみに,デルンの応用の一つとして,込め言(コメント)の類をデルン上で管理するという恐しい技術がある。つまり,交度(コード)には知番(knumber)だけ書いて,その意味はデルン上で閲覧・編集したりしている。

=}{*}

WWWURL が必要だったように,デルンには知番(knumber)という識別子の体系が必要だった。実は,ここがデルンの初期実装で一番時間をかけた部分かもしれない。

=}{*}

知番(knumber)というのはつまり,「頭に思い浮かんだあらゆることに付けられる番号」だ。デルンは,この知番を通して知識を蓄積・整理していく司組(システム)だといってもいい。

=}{*}

デルンの実用化に成功した6年前,実はその直前まで悩みに悩んだのが今「知番」と呼んでいる識別子の仕様だったのを思い出す。

=}{*}

今日は,デルンにおいて URI にあたる「知番」(knumber,kno.)について大きな進展があった。知番表記の標準的な形式は K#XXXX で決まりそうだ。

12
出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha