技術者

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲7年(2013年)
06月22日 20:07
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。

広告

一覧

=}{*}

日本の情技(IT)業界人がよく言う,「投資家がいない」とか「技術者の待遇が悪い」という話,結局「誰かが助けてくれれば出来るのに」という人頼み精神性で通底している。投資家は気骨のある起業家投資して利益を出すのが仕事,経営者は良い人材を使って利益を出すのが仕事,では問題は?というところに気付かないとまずい。

=}{*}

最適解というのは当然問題によって変わるのだが,技術者としてどういう技術を身につけ何を開発するかという時,日本人の多くは既知の問題に対する最適解を探そうとする。しかし,アメリカ人は未知の問題を探してそれに必要な技術を適用する。

=}{*}

技術者でも,「政治とは無関係のお花畑のような世界」で生きられると思っている人が少なくない。そんな世界はどこにもないのだが……。

=}{*}

日本には,知識豊富で丁寧で繊細な仕事が出来る優秀な技術者が多くいる。ただ,情技(IT)産業はそれだけで成功出来る世界ではないので,その才能の多くが活かされないまま空回りしている現状がある。いま一番必要なのは,そうした才能を生産的な方向に向ける指導者だ。

=}{*}

最近,日本の情技(IT)業界の問題の一つとして,技術者が主体性を持ち業界の主導権を取りにいかない,ということを指摘していたが,これにも繋がってくる話だと思う。要するに,力が無くても,雇われでも,社畜でも,日本人には「我慢出来てしまう」という問題がある。

=}{*}

技術者にはカタカナ語がなぜ駄目なのか分かりにくいかもしれないが,仮名はあくまでも日本語に合わせて単純化したもので,当然だが表音文字としてラテン文字と同格ではないし,どうしても漢字で表わしにくい語を表現する補完的な手段というのが合理的な位置付け。何でもカタカナ化するのは日本語の機能劣化でしかない。

=}{*}

昔から,アメリカの情技(IT)企業の経営者には技術者が多いということが言われているが,これってどちらかというと「経営者は技術を理解出来なくてはいけない」という語られ方が日本では多かった。本当は「技術者が経営出来なくてはいけない」という問題だったのかもしれない。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha