調和型広告

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲7年(2013年)
01月06日 10:17
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

調和型広告(ちょうわがたこうこく,英訳:harmonic advertisement)とは,宇田川による造語,広告手法である。

「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

一覧

=}{*}

希哲館事業は,本質的に,インターネットで蔓延する「扇情的な言論で利益を得る」行為に対立しているので,広告の取り扱いには慎重にならざるをえない。一方で,投資にも寄付にも依らない高度な独立性を維持するための収益源として魅力的なのも事実。簡単なようで実は極めて難しい課題だった。

=}{*}

広告収入が魅力的なのは,売上に関して不特定多数の「顧客」を持たなくて良いというところ。サポートや事務コストを抑えられる。一方で,稼げる広告の貼り方というのは往々にして品位を犠牲にするので,希哲館事業のように理念を重視する事業では調整が難しい。

=}{*}

広告収入希哲館事業の初期の収入源として重要視していたものなのだが,並のブログサイトよりトラフィックを集めている月庭でも収益は無いに等しい。「反ソフィズム」として主観的な内容のあるページに広告は貼らない,美観・利便性を損わないように配置する,などの拘りがあり過ぎたため。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha