描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲8年(2014年)
09月05日 22:25
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。

広告

一覧

=}{*}

で,そのおじが昔情技(IT)で起業していて,私は幼い頃その会社に行った記憶がある。

=}{*}

兄弟というのは,も含めて確か男性6人中5人が国立大学に入って,内3人は東大京大だという。

=}{*}

実はこの「テクノロジーとフィロソフィーの結合」というアイデア,すでに私のがある程度の瀕答ヒント)を持っていたので,私自身は慣れ親しんでいたものだった。ただ,今の日本でその意義を理解出来るのは本当に一握りだと思う。それを伝えるのが私の仕事なので,無力感に苛まれることも。

=}{*}{*}

=}{*}

私の父は「宇宙のことを考えると大抵の悩み事はちっぽけに思える」というようなことを言う人だったが,当時の私はそれは考えるべきことを誤魔化しているだけだろうと思っていた。でも,そういうことを言える人が身近にいたことは今思えば大きかったのかもしれない。

=}{*}

もう一つ,父方からの影響で重大だと思うのは,父とその兄弟が IT 起業を経験していたことだ。要するに,私はこの世代としては珍しく IT 起業家二世だった。これは恐らく,私の日本の IT 業界に対する意識に影響している。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha