瀕答

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲14年(2020年)
01月31日 01:12
下描き希哲9年(2015年)
04月10日 00:59
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

ひんとう瀕答ヒントhint)。「」は限りなく近付くの意(瀕死)。原語カタカナ語として用いられる多くの場合「手掛かり」を表すことから。

希哲9年4月頃,宇田川浩行により考案。

貧答……

「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

一覧

=}{*}

今日の面白い希哲館訳語ひんとう瀕答ヒントhint)。「」は限りなく近付くの意(瀕死)。原語カタカナ語として用いられる多くの場合「手掛かり」を表すことから。

=}{*}

実はこの「テクノロジーとフィロソフィーの結合」というアイデア,すでに私のがある程度の瀕答ヒント)を持っていたので,私自身は慣れ親しんでいたものだった。ただ,今の日本でその意義を理解出来るのは本当に一握りだと思う。それを伝えるのが私の仕事なので,無力感に苛まれることも。

=}{*}{*}
出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha