意訳

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲8年(2014年)
12月17日 11:43
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

メッセージという概念をもっと噛み砕かないといけないのかもしれませんね。私も基本的に場面に合わせた意訳で凌いでます。「通知」とか,メッセージ カタログは「文言型録」とか。

=}{*}

=}{*}

正直,江戸時代後期から明治時代頃にかけての翻訳語なんて,決して上手いものではない。意訳したくせに誤解を招いたり,下手な漢字のあて方をしたり。翻訳技術的には希哲館訳語の足元にも及ばないような翻訳語ばかり。それでも権威で「ゴリ押し」出来た。この「流通」の問題は大きい。

=}{*}

江戸時代とか明治時代に造られた翻訳語で質が高いものというのはそう多くない。そもそも翻訳語の質を評価するという考え方が無かった。この時代は意訳が多い。中国で行われた仏語漢訳音訳が多い。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha