企業

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲6年(2012年)
08月26日 00:03
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

企業

「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

一覧

=}{*}

アメリカ大統領になりたいとは思ってもアメリカを越えるを創ろうとは思わない日本人と,GAFAM に入りたいとは思っても GAFAM を越える企業を創ろうとは思わない日本人は似ている。

=}{*}

そういえば,希哲社GAFAM ではなくサウジアラムコを越える企業を目指さなければならなくなったのか……。

=}{*}

AWSAmazonベゾスを筆頭に反トランプ色の強い企業(しかも米政府と係争中)なので,トランプがいるうちは戦争出来ないどころか,使い方によっては米国内紛を助長するような気がするのだが……。

=}{*}

企業なら,こういう普通の人が気付かないような非常に微妙なところを考える人がいたりして,Twitter なんかはまさにそういう努力を繰り返して今の地位を築いているのだが,OSS だと開発者に「自分は気にしないし」と言われてしまうとそこで終わりなので,やっぱりそこは OSS 製品の普及面での欠点なんだな,と思った。

=}{*}

これは,どちらかいうと仏教的世界観に近いデライト東洋で初めて GAFAM を凌駕する企業を生み出すかもしれない,と思える理由の一つ。

=}{*}

よく,日本の情技(IT)企業経営者には技術者が少ない,とは言うが,経営から交度化コーディング)まで一人でやっているおかげで,小さな企業でも1週間はかかる意思決定1分で出来る私ですらこれだけ苦労しているのだから,素人技術者を雇ってどうこうしようというのがいかに馬鹿なことか……。

=}{*}

しかし,Twitter くらい影響力のあるサービスでも,企業としてはいまいち成長していないのはちょっと恐しいものがある。私はずっと Twitter の問題点として「拡張性の無さ」を挙げてきたが,やはり本質的にニッチなサービスなのだと思う。母体になりえないというか。

=}{*}

「大きな企業が絶対的に強い」なら,大きな企業が大きな企業を吸収していけば無敵だし,それを政府管理すれば社会主義が完成する。もちろん,それが成り立たないことは歴史が証明していて,盛者必衰の前提で,多様性を生み出す資本主義が繁栄しているわけだ。

=}{*}

この企業とこの企業が合併したから GAFAM に勝てるんじゃない?みたいな発想では永久に勝てない。小人が巨人と力勝負しようとしてどうする,という話で。

=}{*}

最近の Yahoo! に関する話題でも感じたが,「企業は大きければ大きいほど有利」という明らかな事実誤認にとらわれている人は意外と多い。官製でもなければ,全ての企業は小さなところから始まるもので,問題は,その潜在力をどうやって作るか,ということなのだが……。

=}{*}

大袈裟でなく,デライトが開拓している知能増幅技術という分野でいま希哲社に追いつける企業は無いと思う。もちろん,GAFAM も含めて。というか,道程を知ってしまうとやる気にすらならない。

=}{*}

これを,企業OSS 勢力を懐柔することに成功したと見るべきか,OSS が企業を利用することに成功したと見るべきか。Win-Win で良かったね,という単純な話でもない気がするのだが……。

=}{*}

そういえば,デルン全知検索は,初期状態を何でも書き込める「タブラ・ラーサ」に喩えていたことがあったし,ブランク白紙)ってメモサービス企業には良い表現だな。

=}{*}

簡単に言うと,GAFA はそれぞれ核心的な強みを持った上で周辺分野を飲み込んでいく企業で,ソフトバンクは特に核心を持たない,日本の典型的な多角化企業。

=}{*}

ソフトバンク日本GAFA になるんじゃないか,という話を見るたびに日本人情技(IT)に対する認識の甘さを痛感する。GAFA とソフトバンクって,全然違う種類の企業だと思うのだが,たぶん,多くの人にとって「大きな情技系企業」という解像度で同じなんだろうな。

=}{*}

ではなぜ私がこんなにデライト成功を急かしているのかといえば,希哲社がこれを種にゼロから起こした企業だから。大企業大学研究所なら10年や20年芽が出ないのは普通だろうが,これで起業して12年利益が出ていない,というのは単純に経営危機なのである。

=}{*}

これ,結構深刻な現象だなと思うのは,ソフトバンクLINE も,決して独創的企業製品ではないということ。本来,Apple は作れなくても SB のような企業は作れるのが日本人だったはず。独創力でも模倣力でも日本人の出る幕が無くなっている。

=}{*}

=}{*}

GAFAM のように金も人材も有り余っていそうな企業でも,柔品ソフトウェア)となると微妙で不細工な製品が多い。柔品開発というのは,多くの人が想像しているよりずっと重い,「重知業」なのだ。

=}{*}

そんなところからどうやって GAFAM 級の企業が出てくるんだ,という。

=}{*}

あまり知られていないが,一兆年続いた企業というのはこれまで存在しなかった。

=}{*}

日本には色々な分野世界に誇れる優れた企業があるが,世界に誇れる情技(IT)企業が無い。この状況を変えたい。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha