Aejs

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲13年(2019年)
08月19日 03:46
下描き希哲9年(2015年)
02月03日 20:37
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

イージス

Asynchronous ECMA/JSν + SyML

標準指向を強調して ECMA を足し,イージス(Aegis)にかけている。

デルン実用化時の主流 jQuery の置換が目標の一つだったため,jQuery の影響を大きく受けている。

この描出は「素描」です。

広告

一覧

=}{*}

Aejs のちょっとした発明に「要素位置記法」というのがある。Vanilla JS の要素挿入系道手メソッド)で使う beforebegin, afterbegin, beforeend, afterend をそれぞれ <, >, </, /> と省略表記出来るものなのだが,慣れると手放せないくらい便利なのでもう標準化して欲しい。

=}{*}

結局,AejsDataTransfer.setDragImage() とは別のドラッグイメージ設定機構を整備した。例えば,evt.xfr.set_img( elm ) で elm をドラッグイメージに出来る。別窓にも対応。視覚効果を厳密に制御出来る利点がある。

=}{*}

誰が離立リリース)直前にこんなどうでもいいバグに悩まされると思うんですか。でも,Aejs の設計ミスじゃなくて良かった。

=}{*}

それで,νSaltJS)・Aejsライブラリ)といった基礎的な前縁(フロントエンド)技術の改良にここ2ヶ月くらい時間を奪われていた。ここ数日も,デライト再公開を直前にしてそんな作業ばかり続いていたので,不安で仕方なかった。

=}{*}

というか,νSAejs に時間を使ったのは PWA を考えると正解でしかないな。

=}{*}

だから,デライト再公開νSAejs という独自言語の開発で遅れたといっても,それは必要なことだと思える。ここで目先の問題にとらわれると最終的に上手くいかない,という確信がある。

=}{*}

今の進捗からいって,デライト再公開は2日程度延期になる可能性が高い。Aejs の整備に時間をかけ過ぎた。

=}{*}

希哲社の前縁技術は,νSaltJS),Aejs(νS 標準ライブラリ),SyMLHTML テンプレート として機能する XML 応用),SySS(メタ CSS)などで体系化されており,更にこれを C++ を基礎にした に組み込んで使い,開発環境は LFS から派生させた SLFS 。振り返ると気が遠くなるな……。

=}{*}

ついさっきまで,Aejs における事象聴取子イベントリスナー)の仕様を洗練させたり実装したりしていたのだが,本当に明日デライト再公開なんか出来るのか,不安になってきたな……。

=}{*}

自分で altJS 言語の νSライブラリ Aejs を作り,仮想要素やら事象(イベント)委譲機構やら実装してみて思ったことは,やっぱり生 JS なんか書くもんじゃない,ということかな……。

=}{*}

ちなみに, には標準で DBG() というマクロがあり,DBG() と書くだけでも譜類(ファイル)名・行番号が出力されるようになっている。もちろん,離立(リリース)時には自動的に除去出来る。これにならい,νSAejs)にも @DBG() を追加した。

=}{*}

Aejs希哲社JavaScript ライブラリ)に Promises/A+ 風の実装を追加するのに熱中していたらこんな時間に……。というわけで一日一文は休み。

=}{*}

ただ,JavaScript 改良言語 νS(ニューズ)とライブラリ Aejs(イージス)はここ一週間で劇的に発展した。これがもっと早くデルンデライトに反映してくれれば良かったのだが……。

12
出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha