考え方

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲11年(2017年)
03月07日 18:46
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

私は日本語世界に誇れる知識技術蓄積したいと思うし,希哲館訳語はそこから自然に生じたものなのだが,そもそもこういう考え方が出来る日本人なんだろうな。みんなどこか諦めてしまっているというか。

=}{*}

漫画悪役みたいに,あれをこうしてあれがこうなって,全部思い通りだ!みたいなことを考える人間がいるとしたら,その人はたぶんそんなに頭良くない。現実不確実性との闘いなので,大方あれはこうなるだろう,ならなかったらこういう案も考えておこう,まあ全体で利益が出ればOK,というのが本当に合理的な人の考え方

=}{*}

あと,「函数再利用のためにあるもの」という考え方もちょっと語弊がある。一箇所からしか参照されない函数でも適切な粒度であれば見通し抽象化に貢献するし,そもそも再利用性というのは,交度コード)を分割していく過程で気付いたりするものなので,函数化出来そうなものは片っ端からするくらいでいい。

=}{*}

よく「長い函数分割する」とか言うが,あれは交度コード)を物理的に捉えている良くない考え方だと思う。長い短いではなく,不可分概念を切り出していけばいいだけ。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha