画像

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲9年(2015年)
03月07日 23:36
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

でも,柔品(ソフトウェア)開発って極めようとすると知の総合格闘技だな……理論を考え,交度コード)を書き,画像を作ったり色彩を考えたりし,文言を考え,利素(リソース)配分を計算し,出場(DB)を弄り,マーケティングし,運用し……昨日は死ぬかと思ったな。

=}{*}

この手の記号には,絵文字モードテキストモードというのがあって,本当はテキストモードで統一出来れば簡単でちょっとお洒落だったのだが,意外と厳格に統一する方法が無いので画像化する地味な作業をしている。画像は画像で面倒臭いので,記号で済ませられるものは済ませたかった。

=}{*}

特に日本のように,利益の上がらない時期を莫大な投資で乗り越えさせる,という文化が無い国では,デライトの「文字列だけで面白い」って本当に強い。文字なら400字詰め原稿用紙1枚分の出与え(データ)量で,画像なら豆粒のようなアイコン程度しか表現出来ない。

=}{*}

デライトの主要な当努ToDo):新規登録開放,PWA 化,ツイストActivityPub 対応文書整備など。非公開描出(厳重な個人情報保護体制が必要)と画像(通信量・容量肥大)等への対応は経営上の問題が大きいので収益化成功してから,という感じ。

=}{*}

デライト,最初はテキストのみの投稿でやっていこうと思う。画像等を扱う仕組み自体はあるのだが,どう考えても今の希哲社マルチメディアを支える体力は無い。テキストのみでどこまで可能性を感じてもらえるか。

=}{*}

全知検索ボタン疑問符なのは,単純に画像を用意するのが面倒だったのと,意味的にも見た目的にもあまり問題が無かったからなのだが。

=}{*}

デルン文章意味符号である知番を埋め込めるというのも大きな魅力なのだが,画像のように言語情報を持たない出与えデータ)を管理するのにも抜群の威力を発揮する。適当な名前を付けて,知番で厳密に参照出来て,他のあらゆる出与えと紐付け出来る。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha