希望

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲8年(2014年)
04月19日 18:20
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。

広告

一覧

=}{*}

当時の私は,SNS 等で悲観的な話が多いのを本気で不思議がっていた。自分はこんなに希望に溢れているのに,と。今思えば無茶苦茶無神経な奴だったかもしれない。

=}{*}

SNS の外で希望を持ち続けるというのは大変なことだ。私も,ここまでデルン開発が順調でなかったら降伏していたかもしれない。

=}{*}

希哲館事業が発足したのはもう12年も前だ。この12年間,私は希望を独占してきたことになる。世の中がどんなに暗くても,私にはいつも限りない希望があった。なぜこれを分け与えることが出来なかったのか。

=}{*}

良いかどうかはともかく,希哲館日本で一番希望に溢れた場所なのは間違いないな。

=}{*}

ここに世界で一番大きな希望がある。

=}{*}

令和日本空騒ぎだけで日本の展望は良くなっていないばかりかどんどん希望が消えている感がある。希哲日本にはこんなに希望が満ちあふれているというのに。

=}{*}

希哲時代は,無知憎悪に支配された時代から卒業し,希望による時代を切り開く。

=}{*}

ただ,私は今も昔も希哲館事業のおかげで希望に溢れている。希哲館日本を世界史上最大の極大国(ハイパーパワー)にする,と事業を始めたのは世間が憂鬱な雰囲気に包まれていた世界金融危機の頃だった。

=}{*}

全ての鍵がここにある。私の気が狂っているように見えるとしたら,こいつのせいだ。この比類なき希望が私の人生を狂わせてきた元凶だ。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha