献典

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲8年(2014年)
06月28日 22:28
下描き希哲8年(2014年)
06月14日 22:17
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

こんてん,梱典。

宇田川の訳語。コンテンツ

この描出は「素描」です。

一覧

=}{*}

下手に時間をかけた文章って本当に笑ってしまうくらい読まれないので,マイクロブログしかり,ネット献典コンテンツ)もどんどん短縮化されていくわけだな,と思う。

=}{*}

希哲館事業構想あり,思想あり,技術あり,献典コンテンツ)あり,機運あり,とむしろ無いものを探す方が難しくて,この順風満帆な状況で失敗したら人類史上最無能の謗りを免れない,という謎の不安感が湧いてきている。

=}{*}

=}{*}

そろそろ,『論組言語 Cμ』希哲館訳語を収録した『希哲辞典』を公開する予定。どちらもこれ以上しまっておくわけにはいかない特大献典コンテンツ)。

=}{*}

=}{*}

ウェブサイトとしての月庭kitetu.com)の強みは,技術的な最適化能力が高いということもあるが,やはり司組システム)・献典コンテンツ)の両面における独自性の高さ。これは他の追随を許さない。

=}{*}

日本語史上最大の翻訳語体系」こと希哲館訳語,やっぱり献典(コンテンツ)としての可能性は非常に大きいと思うのだが,何かしら分かりやすくまとまった形にしないとなかなか認知されないだろうな。

=}{*}

しかもデルンSEO 性能が強いので献典コンテンツ)が蓄積すればするほど,司組システム)が改良されればされるほど握接(アクセス)が集まり,収益になるという仕組み。これはもう資本だな。

=}{*}

そろそろ『希哲辞典』の公開を始めたい。希哲館訳語という献典を死蔵しているのが余りにももったいない。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha