希哲13年7月7日

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲13年(2019年)
07月07日 23:00
下描き希哲13年(2019年)
07月07日 12:56
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

頃,散歩に出ようと思ったがあいにくの

最近,整備に自然と力が入る。自分で思ったより大理容大最適化成功し,設計確信が持てたせいか。

正直,自分でもここまで優秀論組言語だと思っていなかった。

一覧

=}{*}

私自身は行頭カンマに慣れているのだが,例えば文書で行頭カンマを使うのはちょっと違和感があった。この方針ならその辺も解決する。

=}{*}

行頭カンマ問題,表記の自然さと作業のしやすさのどっちを取るか,という問題なのだから,作業中の交度コード)は行頭カンマにして,形が出来てきたら清書的に行末カンマにすればいいことに気付いた。

=}{*}

基盤をしっかり作っておいたおかげで,考えれば考えるほど,工夫すればするほど,環境は良くなっていく。これをひたすら続けていく。その先に知識産業革命は必ずある。

=}{*}

私はもうすでに 以外でまともに論組プログラミング)出来ない身体になってしまっている……。

=}{*}

を公開したら,Cμ 革命が起きてしまうかもしれない。

=}{*}

型付けに関しては,「型を書くのが面倒」という問題と「交度(コード)の抽象度が落ちる」という問題を混同してはいけない。特に言語設計者は。

=}{*}

この辺も,デルン大理腑リファクタリング),大最適化大成功したことで確信出来るようになった。設計にとにかく助けられた。

=}{*}

の場合,型名が無茶苦茶書きやすいおかげで,楽で分かりやすいのに安全,という奇跡的な状況が生まれている。

=}{*}

=}{*}

あれはマクロ芸みたいな所でハック的に使うものであって,普通に使うものではないよなあ。

=}{*}

C++auto は,便利そうに思えるのが最初だけでそのうち保守性の悪さに気付くというでしかない……。まあ,C++ の場合,型名が面倒臭すぎることが多いのも悪いのだが。

=}{*}

=}{*}

今日の一日一文。やはりこれぐらいが毎日続けられる文章だな。

全ての認識は「レッテル貼り」である

https://kitetu.com/KNo.F85E/A-5B28-2119

=}{*}

昨日のツイスト

https://kitetu.com/KNo.F85E/A-5B28-1A4C

=}{*}

単純な話,C++ が迷走していくのは,そもそも C++ で何かを作っている人が C++ の仕様策定していないからではないかと思っている。ほとんど机上の空論で仕様が決まっている感じがする。

=}{*}

C++ 最大の過ちは,煩雑ゆえに問題だった指示体ポインター)による記憶管理の問題を,煩雑な高機能指示体の導入で解決しようとしてしまったこと。スマポは明らかに問題をややこしくしている。あれは設計者が悪いのかそもそも設計者がいないのか。

=}{*}

=}{*}

設計思想を貫いているのは「全体最適化」の観点だ。C++スマート ポインターが「複雑さの問題を複雑さで解決しようとする」罠にハマったのに対し,スウィート ポインターは徹底的に記憶管理単純化した。

=}{*}

世界の頂点を取れる強さと,日本で好まれる愛嬌は両立しうるのか,という究極の難題。だが希哲館はどんな難題でも解決してきた。

=}{*}

希哲館事業,全体的に「みんなでいじって遊べる」感じがないのは無視出来ない弱点だと思っている。特に日本発ということを考えた時に。ゆるキャラ以外でも何かそういう部分を作れないか,といっても事業の性質上難しいところもあるしな。

=}{*}

=}{*}

ただ,これも完成度が高過ぎて,突っ込みどころが多過ぎる V 言語のような謎の人気にはなりそうもない。これも難しいところだよな。

=}{希哲13年7月7日のツイスト}

=}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}
出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha