日本の情技産業

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲13年(2019年)
04月25日 17:30
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。

広告

一覧

=}{*}

非常に面白いなと思うのは,日本人の心をへし折ったその世界金融危機が顕在化したのと同じ年に希哲館事業が始まっていることだ。日本の情技(IT)産業から世界の頂点を取れる企業を生み出し,それによって日本極大国(ハイパーパワー)に導き,新国際秩序を樹立することを目指して。

=}{*}{*}{*}{*}{*}

=}{*}

ただ,これを単にアメリカ的な多様・格差社会にすればいいというものではない。それは不可能だし,仮に出来たとしても人口規模の差で優位性を得られない。だから日本は「多数の集団主義者と少数精鋭の個人主義者」で構成されるべきだと思っている。高効率性と革新性を「二刀流」で両立させる。

=}{*}

まだ日本の技術が通用すると思われていた1980年代を最後に,かれこれ日本の情技(IT)業界の駄目歴は30年になる。もうたくさんだ。

=}{*}

私も私でデライトを一刻も早く育て上げなければならないし。日本の情技(IT)産業が駄目だと他人事として語っているわけではないので,やっぱり業界の「駄目歴」が一日また一日と重なっていくたびに悔しさがある。

=}{*}

日本の情技(IT)産業が駄目な理由は「革新的な製品が作れていないから」でしかないので,そこから目を背けずに努力を続けることしかない。

=}{*}

で,そこを反省せずにいつまでも「警察が悪かったんだー」で済ませているのが日本の情技(IT)産業が進歩しない理由だ。目を覚ませ,としか言えない。

=}{*}

米中経済,ひいては世界経済を牽引しているのは紛れもなく情技(IT)産業であって,日本再興のためには日本の情技(IT)産業を飛躍させるしかない。そしてそれは可能なことだ。

=}{*}

何が言いたいかというと,日本再興のためには日本の情技(IT)産業をどうにかするしかないということだ。なにがなんでも。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha