侍い

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲14年(2020年)
02月12日 11:33
下描き希哲14年(2020年)
02月12日 10:40
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

さぶらい侍いサービスservice)。サービスはサーブserve)の名詞形で,原義奴隷として仕えること。さぶらいは「さぶらう」の連用形で,原義は貴人に仕えること。サムライ由来

希哲14年2月12日,仮採用。

「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

一覧

=}{*}

サービス希哲館訳語として短期的に実験していた「侍い」(さぶらい),サービスとの類似性は面白いのだが,語感がちょっと重くて,商業的には使いにくいな。

=}{*}

デライトの「はじめに」ページ,一見さんに読ませるにはちょっと重いので,簡潔な導入部と解説部に分けて,アウトライナーマインドマップとの違い,ザナドゥ計画WinFS の失敗を踏まえていることまで盛り込もうとしているのだが,自分で笑えてくるな。ここまで軽常カジュアル)な侍いサービス)にはまず書かれない内容。

=}{*}

ソフトウェアを「柔よく剛を制す」で「柔品」と訳してみたり,サービスサムライの由来でもある「侍い」と訳してみたりすると,ただ単に言葉を置き換えている以上の「概念日本人としての自分のものになっている」感覚がある。我々日本人は,本当に言葉を奪われていたんだな,と痛感

=}{*}

最新の希哲館訳語さぶらい侍いサービスservice)。サービスはサーブserve)の名詞形で,原義奴隷として仕えること。さぶらいは「さぶらう」の連用形で,原義は貴人に仕えること。サムライ由来

=}{*}

候い」だと恐らくほとんどの人が読み方に見当もつかないので,「侍い」と書いてさぶらいと読ませるか。サムライからイメージしやすいという利点もある。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha