内部実装

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲13年(2019年)
12月05日 00:02
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

そうして理腑リファクタリング)を進めた結果,1週間前とは比べものにならないほど内部実装は整理され,洗練されたものになった。例えば10行かけて書いていた処理が1行になったり,あちこち分散していた類似交度コード)が一箇所に集約されたり,といったことだ。保守性性能向上に大きく寄与した。大袈裟でなく,この1週間の作業は長期的には3年以上の開発期間を節約したと思う。

=}{*}

デライト正式離立リリース)は12月1日の予定日から現在まで遅れているが,その主な理由は,「内部実装混乱」にあった。表面的にそれなりのものは出来ているものの,離立後の保守更新を考えた時,保守性にかなりの難を感じた。

=}{*}

そこまで意気込んで理腑リファクタリング)しただけあって,デルン内部実装は,この一週間だけでも見違えるほど綺麗になった。この一週間が一年分の差を生み出す。論組プログラミング)の面白いところだと思う。

=}{*}

12月1日離立リリース)予定がここまでずれ込んだ障害というのは,具体的に言えば内部実装汚さ7年間育ててきた交度コード)なので,離立後の保守機能拡張を考えた時に十分整理出来ていないという感覚が強かった。

=}{*}
出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha