情技日本語

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲13年(2019年)
04月10日 00:30
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。

広告

一覧

=}{*}

そこで「開発」(かいほつ)が仏教用語であることを活かせる。虎哲は「知剣」という異名を持つが,これは仏教でいう「智剣」(煩悩を断つ智慧)にもかかっている。論理実装主義柔道をなぞらえた「柔品」(ソフトウェア)という訳語……柔品開発はもはや一つの求道である。

=}{*}

これまで散々英語に合わせてきたのだから,情技(IT)でも「日本語ならではの表現」があってもいい。

=}{*}

これが日本人が怠ってきたことの,ほんの一部である。

=}{*}

この情技(IT)日本語の惨状を放置してきた全ての日本人に責任はある。もちろん私も例外ではない。だから私は希哲館訳語の拡充と普及に全力を尽くす。

=}{*}

こう比べてみると,悪い意味で凄い日本語使ってきたな,日本人。仕方なかったとはいえ……。

=}{*}

ちゃんと翻訳すれば「柔品開発では理腑交度を整理し論組保守性を維持することが重要だ」と書ける文を「ソフトウェア開発ではリファクタリングコードを整理しプログラムの保守性を維持することが重要だ」と書いてきたのが従来の情技(IT)日本語だ。そりゃ負ける。

=}{*}

私がなぜ希哲館訳語による情技(IT)日本語改革を進めているのか,なぜ盤本(プラットフォーム)開発を進めているのかといえば,他人の言語や規則を押し付けられるのが何より嫌いだからだ。なぜ私のような日本人がこれまで現れなかったのかといえば,ほとんどの日本人がそういう感覚を持っていないからだ。

=}{*}

希哲館は,史上初めて「日本語情技(IT)を扱った機関」かもしれない。と思うくらい,希哲館訳語以前以後の情技文書には差がある。

=}{*}

こういうの,国語教育とか,理系文系みたいな教育観の問題なのかなとか考えてしまう。日本技術者って,やっぱり全体的に「国語音痴」なのだと思う。

=}{*}

カタカナ依存症情技(IT)日本語の恥ずかしさって,どうやったら業界人に伝わるんだろうとずっと思っていたのだが,情技教育で子供たちに自分たちの言葉を伝える,ということを考えた時に気付いてもらえるんじゃないか,という淡い期待がある。そこで気付かなかったら絶望感があるが。

=}{*}

翻訳語を考えるとき,当然中国語を参考にすることも多いが,そのたびに焦りを感じる。英語のみならず中国語と比較しても,日本人情技(IT)を理解し知識を蓄積する言語を持っていないという現実に。

=}{*}

情技(IT)教育を考えた時,やはりカタカナ語悪訳の問題は解消しておく必要がある。現状の情技日本語は子供に学ばせられる代物じゃないし,はっきり言って,恥ずかしい。もっとまずいのは,それを自覚している者が少ないということ。

=}{*}

最近よく思うのだが,情技(IT)日本語を改善していくためには,希哲館訳語の普及以前に「なぜカタカナ語依存症は危険なのか」というところから啓蒙活動の必要があるのかもしれない。良い悪い以前にそもそも考えていない,ということが問題な気がする。

=}{*}

情技(IT)日本語が抱えている問題は明らかであるにもかかわらず,「カタカナ語翻訳」という話題は実は昔から全く人気がない。理由の一つは,そもそも日本の情技業界人が局所的・短期的な視点しか持っていないことだ。翻訳というのはいわば投資なので,「次から次にやってくる流行にいかに乗るか」ということだけを考えていれば全く必要ないわけだ。

=}{*}

コンピューティングを「勘報」,プログラミングを「論組」,ソフトウェアを「想品」,ハードウェアを「剛品」と書けるだけでどれだけ日本語技術文書がマシになるか。多分あまりの世界の違いに全日本が泣くと思う。

=}{*}

希哲館訳語が使えるだけで情技(IT)日本語が見違えるように美しく,簡潔に,そして表情豊かになる。

=}{*}

これも情技(IT)日本語にとっては大きい進歩だな。これまで,ソフトウェア想品)はともかく,ハードウェアについて記述しようとした時にもどかしかった。これが無くなるのは嬉しい。

=}{*}

これは多くの日本人が自覚していないことなので,しつこいくらい言っていくが,いまの日本語を使っている限り,日本情技(IT)で勝つことは無い。記録するため,伝達するため,何より思考するための言語として貧弱過ぎるから。

=}{*}

何度も言ってきたし,これから何度でも言うが,外来語をしっかり噛み砕いて日本語に消化するという作業を怠ってきた全ての日本人,猛省してくれ。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha