希哲13年6月30日

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲13年(2019年)
07月01日 00:48
下描き希哲13年(2019年)
06月30日 00:53
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

一昨日,昨日と激務だったため,流石に大理容を終えられる気もせず,今日は半分休養のつもりで軽い作業をこなしながら過ごした。

結局,今月は大理腑大最適化掃討作業で終わった。理想にはわずかに届かなかったが,十分な成果と言っていいだろう。

大理容については,もう3日延長することにした。

デルンブックマークへの応用も久しぶりに再開した。これからは積極的に利用していく。

一覧

=}{*}

しかし,「指示体」程度の翻訳を試みる努力もせず,「ポインターは難しい」とか言わせてた業界,なんなんだ。

=}{*}

ポインター翻訳語,「翻体」がちょっと気に入ってたが,「指示体」か「指点体」あたりを暫定訳語にした方が分かりやすいかもしれない。

=}{*}

7年間素交ソースコード)を成長させ続けていると,たまに昔の工夫の跡を見つけて切なくなったりする。

=}{*}

デルン普及上の課題として,個人情報中の個人情報とも言える「仮想頭脳」を扱うサービスとしての十分な運営体制が出来ていないという問題があったが,これは段階的に対応していく目処も立った。

=}{*}

デルン上でブックマークが出来る技術も復活した。とりあえず,KNS の一要素として英語名は「ナレッジブックマーク」(KBM)としておく。日本語では「輪投げ」という表現を考えてみた。

=}{*}

これが現代に残された最後の理想だと思って,これと心中する覚悟で,私は生きている。

=}{*}

私が一貫してきたのは,決して読者に媚びないこと。ただひたすら,純粋にを追求し,それを発信し続けること。それをに変える仕組みを作ること。その力を全ての人が共有出来るものにすること。その先に希哲民主主義の実現を見ている。

=}{*}

とはいえ,ただ孤立して理想論を唱えていればいい,と思えるほど私も無垢ではない。徹底的に現実的な戦略が必要だ。だから「嫌でも希哲館事業注目せざるをえない」材料を多数蓄積してきた。

=}{*}

私がなぜ SNS に依存せず,独自の技術と立場で情報発信をしているのかといえば,SNS の構造上,一定以上の複雑さを持った情報を共有したり,クラスタの垣根を越えた交流が難しいから。SNS での発信力を追求すると,どうしても特定の層向けに,単純化した言説を発信することになってしまう。これが社会分断の原因になっている。そこからの脱却が必要。

=}{*}

しかし,世の中がまだ「Twitter政治が動いている」ことに驚いている段階だと,こんな話がちゃんと聞いてもらえるようになるまで何十年かかるか分からない。それを数年以内で実現するのが私の仕事なのだが。

=}{*}

で,その結果が近年顕在化した情技(IT)企業政府との対立という現象だったりするわけだ。これはちょうど,朝廷武家勢力の対立に似ている。今や知力を掌握することが実質的な権力になる,ということが実証され始めたところ。幕府ならぬ「博府」が政治を担う時代も近い。

=}{*}

で,いま世界中政界の人材不足が起きているのは,いま50代60代くらいの,本来なら政治家として主力になる層が,若い頃に情技(IT)業界を目指したからだ。が高く,先見性があり,優秀な若者が政治よりも情技(IT)を選ぶ時代はとっくの昔に始まっていた。

=}{*}

いわゆる政治家だけが政治を動かしているわけではない。むしろ,世界の枠組み作りにいま一番大きな影響を持っているのは情技(IT)者だ。

=}{*}

希哲館事業に私がここまで自信を持っている理由の核心的な部分が,意外に伝わっていなかったことは反省する必要があるな。SNS から KNS(knowledge networking service)へ,という理論的技術的基礎を持っていることが,今後の世界秩序の形成を主導する鍵になる,ということは少なくとも理屈では完璧に説明できること。

=}{*}

むしろちょっと驚いたのは,Twitter政治に与えている影響に今更驚いている人が多いことだった。例えば私がこれまで「デルンによる KNS反知性主義を越えた希哲民主主義を実現しうる」と言っていたのは,デルンを利用したツイストが高度な情報蓄積を可能にするからだったのだが,世の中の認識がこれなら,いまいち反応が薄いわけだ。

=}{*}

今回の米朝首脳会談にあまり驚かなかったのは,トランプの言動に慣れていたのと,そもそも Twitter のようなネット媒体政治を動かしている,ということはずっと前から分析していたからかな。そもそも希哲民主主義って「ネットの構造を変えることが世界を変えることに繋がる」というのが前提だから。

=}{*}

世界中天才秀才が頭を捻って考え続けた世界観の限界が現代世界常識だ。単に馬鹿になって「常識知らず」になるのは簡単だが,「常識破り」をするのは至難の業。というか,出来たら人類史上有数の偉人になれる。

=}{*}

パフォーマンスだけじゃないかとか,対案がどうだとか,そういう論争も大体はこれで説明がつく。今の政治家パフォーマンス以上のことを求めるのは酷というもの。

=}{*}

半世紀前から政治家と同じくらい思想家無能化している。それは人類構想力の問題として。

=}{*}

何度も言うが,政治家無能なのは政治家だけの責任ではない。良くも悪くも成熟してしまった現代先進国で「パッとする政策」なんてものを思いつくとしたら,それはただの政治家ではなく歴史に残る思想家だ。

=}{*}

デルン大理腑リファクタリング),大最適化が想像以上の成功を収めたのは,C++ 相当の性能と柔軟性を持つ静的言語でありながら極めて簡潔な表現が出来るという の特性によるところが大きいと思う。

=}{*}

が最高なのは,スクリプト言語以上の書きやすさと C++速さを兼ね備えているところ。これがなければデルン開発はままならなかった。

=}{*}

要は における如零(NULL)許容型なのだが,例えばこんな感じで使える。

iffy_< s_T > s ( nil ); // 文字列の如零許容型

out << iffy( s, "bye" ) << v; // s が nil なので "bye" が出力

s = "good";

out << iffy( s, "bye" ) << v; // "good" が出力

=}{*}

iffy_ 型と iffy(),かなり前に実装したのだが,今になって凄い発明をしていた気がする。

=}{*}

そろそろ輪郭演算もしっかり理論的に体系化しておきたい。

=}{*}

=}{*}

昨日はほとんどツイストしなかったので一昨日のツイスト

https://kitetu.com/KNo.F85E/A-5B28-0814

=}{*}

最近,ノルウェーの歌手 AURORA にハマりつつある。最初は変わり種だなと思うくらいであまり響かなかったが,時間が経ってからなぜかまた聴きたくなる。今のところ《Warrior》が一番好き。

=}{*}

かつてここまで集中的開発された柔品ソフトウェア)があっただろうか,という気分になっている。

=}{希哲13年6月30日のツイスト}

=}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}
出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha