デライト正式離立

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲13年(2019年)
11月23日 23:58
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

広告

一覧

=}{*}

デライト正式離立リリース)を延期してまで理腑リファクタリング)を続けて半月になるが,わずか半月で5年分の時間は稼いんだじゃないかと思うくらい交度コード)の保守性に差が出来て,ちょっと呆然としている。

=}{*}

この体たらくなので,デライト正式離立リリース)目標は15日まで後退しました。すみません……。

=}{*}

こういうのを見返すたびに,私の神経質さは何らかの精神障害に近いものがあると思うのだが,これでよくデライト正式離立リリース)直前まで漕ぎつけたと思う。目につくもの全てこの調子で関連付けて整理しなければ気が済まない性格なのだから。

=}{*}

なんでデライト正式離立リリース)まだなの?って,まあそんなことやってるからなんだろうな。デライト開発世界一過剰なサービス開発だと思う。GAFAM でもここまでのことはやらないだろう。もっと辿ると,哲学体系まで自作なのだから。

=}{*}

私は によって C++ 相当の交度コード)を世界で一番効率的かつ美しく書けている人間だと思うのだが,それでもデライト正式離立リリース)は出来ていない。『ドラゴンボール』の展開よりしんどい。

=}{*}

不幸中の幸いだったのは,デライト正式離立リリース)についてほとんど宣伝しなかった,というか出来なかったことだ。最初はもっと大々的に宣伝していくつもりだったのだが,そんなが無かった。

=}{*}

今のところ,デライト正式離立リリース)と引き換えに得ているものの方が圧倒的に大きく,正式離立の覚悟を決めてはじめて見えてきた課題が多々あるので後悔も無いのだが,そろそろ技術的負債機会的負債かの微妙な判断を迫られそうだ。

=}{*}

デライト正式離立リリース)は12月1日の予定日から現在まで遅れているが,その主な理由は,「内部実装混乱」にあった。表面的にそれなりのものは出来ているものの,離立後の保守更新を考えた時,保守性にかなりの難を感じた。

=}{*}

開発上の収穫は溺れるほどあるのに,デライト正式離立リリース)は遅れているという不思議……食事の時間になってしまったので,現状説明は30分ほど後で。

=}{*}

=}{*}

12月1日デライト正式離立リリース)予定日からもう1週間経ったので,雑用を終えてから簡単に現状を説明する。

=}{*}

昨日もつい「私はアホなのか?」とつぶやいてしまったが,デライト正式離立リリース)に向けて頑張っているはずなのに,論組(プログラミング)言語などの基盤技術ばかりが異様な速度で改良されていく。この時間の使い方は正しいのか?というかこれだけ生産性の高い環境でなぜ離立出来ない?お前は有能なのか?アホなのか?はてなばかりが浮かぶ。

=}{*}

デルンデライトの基礎となる識別子知番」(knumber)の実装を刷新しつつ,理腑リファクタリング)をするという,なかなか心臓に悪い作業をした。やはり,デライト正式離立リリース)は遅らせて正解だったと思う。離立出来てもまともに保守出来そうにない状態だった。

=}{*}

まあ,この病的神経質さでデライト正式離立リリース)まで漕ぎ着けたら是非,痛いほど誉めてあげて下さい……。

=}{*}

=}{*}

今日にでもデライト正式離立リリース)は実現したいが,正直な感覚としては5日になる可能性が高いと思う。すでに1週間近く限界を越えた生活を送っているので,体力的な消耗もそろそろ現れそうだ。

=}{*}

=}{*}

デライト正式離立リリース)に対する読みはかなり甘かったのは認めざるをえないが,その甘さで過剰な期待をかけないとここまでの速さでは進めなかった。不思議なものだ。

=}{*}

このあたり,昨日までは「まあ何とかなるんじゃないか」くらいの見切り発車で行こうとしていたので,デライト正式離立リリース)を遅らせたのが急に大正解になった。

=}{*}

昨日も,デライト正式離立リリース)予定日だというのに私が何をしていたかというと,C++ を基礎にした虎哲の主要開発言語)のライブラリ整理をしていた。DGDBI という,輪郭法RDB の橋渡しをする部分で,今後のデルンデライトにも大きく関わってくる部分なのでどうしても離れられなかった。

=}{*}

18時から,3日デライト正式離立リリース)に向けての作業を再開するが,現況説明・宣伝・頭の中の整理など色々兼ねて,滅多に語らないデルンデライトまわりの技術的解説でも軽くするか。

=}{*}

デライト正式離立リリース)が遅れるのはまあ,心情的には悔しい期待して頂いている方への申し訳無さもあるのだが,幸いまだ多少余力はあるので,デルンの見通しが素晴しく良くなった収穫の方が少し大きいかもしれない。重要なのは離立そのものより離立後だから。

=}{*}

恐しいことに,デルン積年の課題が怒涛の勢いで解決しているのに,デライト正式離立リリース)は遅れていく。

=}{*}

技術的発展は凄まじいのだが,これが明日のデライト正式離立に繋がるのかは現時点で不透明。正直,ちょっと寄り道し過ぎた感がある。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha