希哲14年2月7日

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲14年(2020年)
02月07日 00:37
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

井の中の蛙」という言葉があるくらい,無知人間ほど大言壮語するものなので,話のスケールが大き過ぎることは私の知識が疑われる原因なのかもしれない。

=}{*}

そもそも,何かに一意名前を付けて,それを階層的に管理する,というのが実は西洋思想的な発想なのだと思う。物事に明確な名前実体などないし(色即是空),物事の関係は多方向多重である(縁起),というのは仏教的。

=}{*}

厳密に同じ思想とは言えないものの,画表(グラフ)構造出与えデータ)を管理する,という意味では BTRON実身/仮身システムがある。これは普及にこそ失敗したが,いまだに一部愛好者が存在する,という意味では類似例で最も成功したものと言えるかもしれない。そう考えると,実は東洋的な技術なのかもしれない。

=}{*}

もう一つ,デライトに近い例としてマイクロソフトが一強時代に提唱して頓挫した WinFS がある。デルンデライトは,その規模の技術開発をわずか13年でここまで進めてきた,といえば,私がここまで興奮している理由が分かるかもしれない。

=}{*}

ちなみにこちらが1960年に開始したザナドゥ計画の現状。「ハイパーテキスト」の考案者テッド・ネルソンが立ち上げた。見た目は地味だが,学者が研究している技術はえてしてこういうものだったりする。

http://xanadu.com/

=}{*}

まあ,ザナドゥ計画的なものをここまで当世風サービスとしてまとめた,というだけで相当なものなので,どうしてもそこで変な達成感がある。まだまだ油断してはいけないし,まだまだ努力が要る。

=}{*}

今のデライト,私にとっては世界で一番面白いおもちゃなのだが,これを多くの人と共有する努力を忘れるとただの自己満足で終わってしまう。分かりやすい文書注陶チュートリアル)の整備にも手を抜けない。

=}{*}

ようやく頭が冴えてきた。

=}{*}

久しぶりに12時間以上も寝たせいか,少し頭がくらくらするな……。

=}{*}

デライトは,簡単に言ってしまえば,の中にある情報を全て SNS 感覚で検索共有出来るようにする仕組み。これを普及すれば,人類知のあり方が一変する。「メカソクラテス」たるゆえん。

=}{*}

いざそこで公開され動いているデライトを見ていると,こんなもの,どこかで割り切らないと一生世に出せないよな,とつくづく思う。

=}{*}

今日は細かい磨き上げの作業が多かったが,着実にデライト品質向上している。堂々とデライト正式離立リリース)と言えるまでもう一息。

=}{*}

これ,もともとはアイコン画像作るの面倒だし⤴⤵で良いんじゃないか,くらいの気持ちで試してみたのだが,思いのほかお洒落感もあり合理的だったので結局アイコンにしてしまったという面白い例。

=}{*}

つまりはこういうこと。録入りログイン)は初見の人でも分かるように言語表現記号を組み合せておき,録落ちログアウト)は最小限の表現で済むようにする。しかも日本語なら「落ちる」だから多くの人にとって直感的

=}{*}

この手の記号には,絵文字モードテキストモードというのがあって,本当はテキストモードで統一出来れば簡単でちょっとお洒落だったのだが,意外と厳格に統一する方法が無いので画像化する地味な作業をしている。画像は画像で面倒臭いので,記号で済ませられるものは済ませたかった。

=}{*}

デライトトップページ)に「ログイン⤴」と書いてあるのに引っかかった人もいるかもしれないが,実はこれ,録落ちログアウト)を「」で表現するためのもので,録入りログイン)すると意味が分かるようになっているのだが……。

=}{希哲14年2月7日のツイスト}

=}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}
出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha