希哲13年7月8日

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲13年(2019年)
07月08日 14:31
下描き希哲13年(2019年)
07月08日 11:12
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

昼頃,ちょうど晴れだしたため,久しぶりに気持ちの良い天気のなか一時間ほど散歩した。ここ数日微妙だった気分も大分良くなった。やはりここ一ヶ月,悪天候な上に籠もり過ぎだったか。

一覧

=}{*}

分かってはいても,希哲館事業には時間がない。百年かかる仕事を一年にしなければ成り立たないようなところがある。

=}{*}

しかし,希哲館事業くらいの構想規模で,たった12年足らずの歴史で,認知度が低いとか言ってたら世界中の学者に怒られそうだな。ある程度新規性のある研究なら,数十年やって認められれば万々歳なのだし。

=}{*}

ただ,一見してそれを意図した頭譜ヘッダーファイル)かどうか分からないのは問題なので,専用の拡張子でも導入した方がいいかもしれない。.hot とか .uh とか。

=}{*}

この「頭譜下書き」(header draft)という手法は,頭譜ヘッダーファイル)の修正頻度が低くなる時期と,頭譜を複数の換配(コンパイル)単位で共有したくなる時期が近いことに気付いた時,単なる私の悪癖から合理的な開発手法に変わった。

=}{*}

=}{*}

C 流の頭譜ヘッダーファイル)における面倒臭さは,「頭譜を下書きに使う」という発想の転換である程度解消出来る。そもそも仕様が変わりやすい初期実装は共有されるべきものではないので,再定義違了(エラー)も「安全装置」と捉えてしまえばいい。仕様が安定してきたら素譜ソースファイル)に定義を移せば良い。この頃には修正頻度も低くなっている。

=}{*}

よくやりがちなのは,素譜ソース ファイル)の引括インクルード)が頭譜ヘッダー ファイル)の引括に依存しているという状態。大体共通していることは多いが,両者で必要なものは必ずしも一致しないので,これもあまり良くはない。

=}{*}

CC++ のような引括include)は,基本的に「その譜類ファイル)で直接的に必要最小限となる外部譜類を書く」ように意識すると良い。この時,引括している譜類の引括(間接引括)に依存しないことに注意すると,適度に記述の独立性が高まる。

=}{*}

=}{*}

本当に,つい最近まで, がこれほど優秀論組(プログラミング)言語だとは自分でも思っていなかった。理腑リファクタリング)にも最適化にも強すぎる。

=}{*}

はっきり言ってしまえば,デルン普及するということは,世界中の全学術的権威希哲館を頂点に再構成されるということでもある。必ずそこには「抵抗勢力」が生まれる。

=}{*}

世の中,普通の人間の情報処理能力を基準にあらゆることが体系化されているわけで,学者でもなければ,超人的情報処理能力は切実に必要なものではない。学者は学者で,慣習権威でがんじがらめだったりするので,その手の技術を導入することは簡単なことではない。

=}{*}

これはすでに昨年,デライトとともに理論化したことなのだが,デルンのように「人間情報処理能力を飛躍的に向上させる技術」って,それだけを訴えてもあまり意味がない。そもそも,多くの人は現状以上の情報処理能力を求めていないか,何のために必要なのか理解していないから。そこで自然な動線を作る必要がある。

=}{*}

=}{*}

昨日のツイスト

https://kitetu.com/KNo.F85E/A-5B28-0D8D

=}{*}

無力はすべてを問題化してしまう。

=}{*}

最近の日本人狭量さは,やはり貧しさによるものなのかな……。

=}{*}

=}{*}

Android 自体は特に独創的なものでもないし,ファーウェイくらいの企業が集中的に開発すればそれらしいものは出来るだろう。

=}{希哲13年7月8日のツイスト}

=}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}
出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha