希哲14年2月9日のツイスト

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲14年(2020年)
02月09日 00:13
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

洗練させる,ということの奥深さについて考えざるをえない。

=}{*}

製品開発していると,「この機能必要に違いない」という思い込みがいかに多いか思い知らされる。単純にするのは勇気がいる。「豪華さ」を捨てる恐れのようなもの。

=}{*}

そういえば,フィード等でいう〈subscribe〉翻訳語として昔私が考えた「待っ読」(まっとく),びっくりするくらい流行らなかったな。

=}{*}

私がデライトで「なんでもメモ」と言う時の「なんでも」は,ウィキ的な語句輪結キーワードリンク)やタグのそれよりはるかのことを想定しているのだが,たぶんそれは消費者には伝わらない。まだ Scrapbox ですら最先端道具なのだから。

=}{*}

ただ,Scrapbox はちょっと憎めない。多くのメモアプリと違って,メモ概念を変えようとしているのはとして素晴らしいと思うし,基本的には好感を抱いている。だからデライトと競合することで複雑な気分なのだろう。

=}{*}

デライトを使えば,従来のメモ通類ツール)とは次元が全く違うものであることは分かると思うのだが,使ってもらうまでが大変

=}{*}

Evernote「第二の頭脳」など言われていた頃にも思ったことだが,この種のやや大袈裟な獲句キャッチコピー)が気軽に使われてきたせいで,デルンが持つ「記憶機械化」という特色が非常に伝わりにくくなっている。

=}{*}

デライト理論技術両面において Scrapbox を凌いでいると思うが,これから GAFA と戦おうという時に,目指すところの近い同じ日本人開発者同士で競合するというのも,なんか悲しいものがある。

=}{*}

デライトScrapbox では満足出来ない,というに非常に強く訴求しそうではあるのだが……。

=}{*}

もう,私がいかに病的完璧主義者かということを踏まえると,これだけの独自かつ巨大構想を持った製品を,手定めテスト)とはいえ公開出来ただけでも感無量だ。いまだにちょっと信じられない。

=}{*}

しかもこの事業の名を「希哲館」事業というのだから,出来過ぎている。

=}{*}

メカソクラテス」とはよく言ったもので(私が勝手に言ったのだが),今のデライトにはソクラテスが宿っているような気さえする。今でいう「インフルエンサー」のようなソフィスト跋扈し,衆愚政治蔓延するという状況までそっくりで,不思議気分だ。

=}{*}

=}{*}

デライト普及するということは,インターネット中心SNS から KNS(knowledge networking service)になり,顕示欲駆動から知識欲駆動転換するということ。世界が変わる。そう簡単戦いではない。

=}{*}

しかし,デライト手定め離立テストリリース)と正式離立分離したのは大正解中の大正解だったな……。結果的に,正式離立期待以上のものになりそうだし,恐らく組計スケジュール)上の遅延最小化している。

=}{*}

この KNEST 計算を使って,そのうちデライトでは広告表示計算協力かを選べるようになると思う。

=}{*}

ドロは,希哲館の「市場経済からを得つつに溺れない」という経済観象徴するものだったように思う。

=}{*}

仮想通貨ブームのはるか前から希哲館構想してきた仮想通貨に「ドロ」(dollo)というのがある。元々データの古い希哲館訳語に「泥汰」というのがあり,これと「蓮は泥より出でて泥に染まらず」ドルをかけたものだった。これもそろそろ何かに使えそうだ。

=}{*}

Coinhive 問題OpenHive なんて思いつきから,あっという間に割と現実的に使えそうな「KNEST 計算構想が出来上がってしまった……。

https://dlt.kitetu.com/KNo.F85E/A-5B28-1312

=}{*}

真面目な話,昔から世界規模計算資源交換が出来る汎用的司組システム)の必要性は感じていたので,ウェブ上の規格として作るというのも取っ掛かりとしてはありかもしれない。

=}{*}

Coinhive 問題,意外と Coinhive 批判派も多いな。勝手に計算資源を奪われる,という心証の問題なのだろうが,広告閲覧者を煩わせることなく献典コンテンツ)を提供出来る,というアイデア自体は悪くない。ブラウザ側で許可設定・使用率を設定出来るようにする必要があるだろうな。ウェブ標準案件な気がする。

=}{*}
出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha