希哲13年8月29日

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲13年(2019年)
08月27日 19:24
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

結局,振り返ってみると時間を奪ってるのはほとんど引き放ちドラッグ&ドロップ)関連だな。でも,今日 GIF 動画を作ってみて,写し貼り(コピペ)式より引き放ち式の方が圧倒的に分かりやすいと感じた。そういう意味では正解だったのだろう。

=}{*}

そういうわけで,デライト再公開31日再々延期することにした。お待たせして申し訳ない。ツイスト開発状況を見せられる程度には進んでいるので,引き続きご期待頂きたい。

=}{*}

ちなみにこれがデルン写し貼り(コピペ)式操作。単純ながら汎用的で意外と使いやすかった。

=}{*}

デルンの操作体系は「写し貼り(コピペ)式」と「引き放ち(ドラッグ&ドロップ)式」の二系統あって,併用出来るように設計されている。当初,さっきの動画にあるような用合い(UI)を想定していたのだが,すぐに引き放ちでは画面遷移出来ないという限界があることに気付いた。そこで,写し貼りで操作する方式を考え,デルン実用化から6年以上それだけしか実装していなかった。

=}{*}

しかし,今日はこのあたりが限界だな……。昨日からブラウザの面白仕様に振り回されることが多くて,精神的な意味で疲れた。

=}{*}

WindowsDataTransfer.setDragImage() が効かない問題,独自実装で乗り切った。さっきのに比べればかなり直感性が向上しているのが分かると思う。

=}{*}

行こうぜ,GAFAM を蹴散らして世界の頂点へ……。日本

=}{*}

よろしくお願いします。

=}{*}

私がなぜ日頃 SNS の限界等についてしつこく論じたりしているのかといえば,実際,現状の SNS より遥かに優れた情報発信環境というのが存在しえて,それが既に世界のどこかでは人知れず実現しつつある,ということを身を持って知っているから。問題は,誰がそれを普及させるのか。今まさに,そこに挑戦しているところ。

=}{*}

デルン文章意味符号である知番を埋め込めるというのも大きな魅力なのだが,画像のように言語情報を持たない出与えデータ)を管理するのにも抜群の威力を発揮する。適当な名前を付けて,知番で厳密に参照出来て,他のあらゆる出与えと紐付け出来る。

=}{*}

さっき「Linux 版 Chrome」と書いたのは正確には「Linux 版 Firefox」だった。ただ,見た目に大きな違いはない。

=}{*}

ところで,さっき GIF アニメをはじめて Mastodonアップロードしてみた。妙にもたついてておかしいなと思ったら MP4 に変換してたのか。GIF アニメってそういうのを避けるためにあると思ってたのだが……まあ事情があるのかもしれない。

=}{*}

WindowsDataTransfer.setDragImage() が効かない問題,ブラウザを変えても同じなところをみるに Windows API の問題かという気がするが,最悪,古典的な疑似ドラッグ&ドロップで誤魔化すしかない。

=}{*}

……なのだが,こうブラウザ互換性に足を引っ張られるとデライト再公開は再々延期の公算が大きい。何もなくおあずけ,というのも心苦しいので開発状況はスクリーンショットもまじえながら積極的に発信していきたい。まあ,今月中に再公開出来れば上出来か,という見通し。

=}{*}

しかもこれ,ActivityPub 対応の見通しも付いているので,そのうち直接分散型 SNS に配信されるようになる。私がなぜデルンにここまで期待しここまで注力しているのか,といえば,こういうとんでもない代物だから。

=}{*}

お気付きのように,全ての輪郭には K# で始まる「知番」(knumber)という固定的な識別子が付与されている。私がよく言う「意味符号」の役割を果している。さらにお気付きのように,これをそのままマイクロブログ的に使っているのが「ツイスト」で,時事的な情報を有機的な知識に変換することが出来る。「マイクロブログ革命」の所以。

=}{*}

デルンデライトでは,このように「輪郭」の入れ子を自由自在に重ねて情報を組み立てることが出来る。画面にある波括弧で囲まれている語は全て引き放ちドラッグ&ドロップ)可能で,文中から親輪郭・子輪郭に引き入れたり,周囲の輪郭を文中に簡単に組み込むことが出来る。なかなか斬新な用者体験(UX)。

=}{*}

そしてこれが Linux 版 Chrome での引き放ち(ドラッグ&ドロップ)の様子。文中に埋め込まれた「Windows」という輪郭が浮き上がるように見える。小さな差のようで,直感性はまるで違う。悩ましい。

=}{*}

今度は WindowsDataTransfer.setDragImage() が効かないという問題が。機能上の問題は無いが,用合い(UI)的にはかなり辛いな。

=}{*}

HTML引き放ちドラッグ&ドロップ)は,最近デルンでも活用するようになったのだが,微妙な落とし穴がある。テキスト選択状態で引っ張ろうとすると要素事象イベント)が発生しないとか。

=}{*}

自分でいうのも何だが,こんなややこしいバグ原因を突き止めたのも,解決策をすぐ思いついたのも,経験のなせる業だな。

=}{*}

かなり心が折れかけたのだが,draggable 属性mousedown 時に動的に付加しても動くし(多分),ドラッグ可能要素が多かった場合に冗長にならないので良い,と気付いた。

=}{*}

最初はちょっとした JavaScript 交度(コード)の問題かと思ったのだが,そもそも Ctrl+A で駄目ってことは,ブラウザとしてそういう実装なのではという疑惑が……。

=}{*}

Google Chromedraggable 属性が true の時に選択化が効かない問題,意味分からな過ぎて逆に面白くなってきたな……。編集出来る適当なサンプルサイトで適当な要素に draggable 属性付けてみて,Ctrl+A でもしてみると,見事にドラッグ可能要素だけが選択されないのが分かる。正直,これは全く予想出来なかった。

=}{*}

Google Chrome 76 でも直ってなかった。バグにしてもそんな設計あるか,とは思ったので嫌な予感が当たったな……。さてどうするか。

=}{*}

誰が離立リリース)直前にこんなどうでもいいバグに悩まされると思うんですか。でも,Aejs の設計ミスじゃなくて良かった。

=}{*}

draggable 属性 を true に設定した要素の中でだけ選択化が効かなくなるという Chromeバグらしきものを見つけた。ただ少し古い版存(バージョン)なので今どうかは知らない。

=}{希哲13年8月29日のツイスト}

=}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}

=}{*}

さっきも触れたが,デライト再公開29日延期することにした。予想より前縁(フロントエンド)技術νSAejs 整備に多くの時間を取られてしまった。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha