3京円

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲13年(2019年)
04月07日 20:45
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。

広告

一覧

=}{*}

まあ,一応,大最適化は終わったから希哲館事業推定時価総額3京円から5京円に引き上げてもいいのだが,まだそこまで気持ちの整理がついてないな。

=}{*}

希哲館事業推定時価総額がなぜ3京円なのかというと,産業革命並みに世界経済を飛躍させる可能性があるとして,今の世界全体の GDP などから考えて1京円は下らないだろうという所から始まり,事業の状況によって変動させている。無茶苦茶なようで,私の実感には忠実に表現されている。

=}{*}

なんでそんなことを急に熱く語り出したのかというと,自分でも不思議だが,その希哲館事業推定時価総額3京円から5京円になろうとしているからかもしれない。

=}{*}

まあ,ここまで理解させずに「世界史上最大の事業」とか「希哲館事業推定時価総額3京円」とかスナック感覚で聞かせている私も私だが。

=}{*}

じゃあ,みんなが例えばマイクロブログを使うような感覚で,自然に知的成長が出来るような仕組みがあればいいよね,という発想からデルンがある。構想はおよそ17年前から,実装は7年前からある。私がよく言っている「3京円事業」というのも,ここまで理解出来るかどうかで感じ方が変わってくるだろう。

=}{*}

やはりデライト印迫(インパクト)が凄かった……。千年かかる仕事を十年にしたと考えたら,希哲館事業推定時価総額を現状の3京円から10京円に更新してもいいくらいかもしれない。

=}{*}

それがどれだけの成功だったかと言えば,当時から今にいたるまで比類なき最先端の情報環境を手に入れたわけで,どれだけ少なく見積っても1兆円は下らないだろうと思っていた。まあその心理的な大きさは,いま言い張っている希哲館事業の推定時価総額3京円の種だと思えば大体推し量れる。

=}{*}

今の希哲館事業には,理想的な環境,理想的な機会,理想的な構想,理想的な商品がある。推定時価総額3京円というのもあながち冗談ではない。

=}{*}

「冗談半分」で希哲館事業の推定時価総額を3京円に出来るのは何も故なきことではない。日本で唯一,日本再興の明確な方法論を持った事業であり,世界で唯一,新近代への明確な展望を持った事業なのだから。

=}{*}

しかし,3京円企業ではまだ弱い。希哲社1垓円企業を目指さなくてはならない。

=}{*}

希哲館事業の自己評価額を2京円から3京円に更新した。せざるをえなかった。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha