希哲14年3月17日のツイスト

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲14年(2020年)
03月17日 01:28
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

ここで,知識産業革命とか希哲民主主義とかジパング計画とか希哲館用語を盛り込むと一気に近寄り難い感じになる。そこまでいくと東大の上位1%が何となく分かるかもくらいの難解度になる。

=}{*}

希哲館事業は,知能増幅(IA)技術にあらゆる社会革新を目指す事業です」くらいが,ぼんやりはしているが何となく分かった気になれる説明文かもしれない。

=}{*}

振り返れば,この3週間くらい,とても良い時間を過ごした気がする。

=}{*}

そしてこの技術知識産業革命核心となり,ザナドゥ計画を越えたジパング計画となり,SNS を越えた KNS となり,希哲民主主義に基く新国際秩序を確立する……これが希哲館事業構想が「史上最大の事業構想」たるゆえん。これをどう献典(コンテンツ)化するかというのも今大きな課題

=}{*}

で,なぜそんな問題が克服出来たのかというと,やはりデルンのおかげだった。デルンは,膨大管理出来るようにし,文章にそれらを埋め込めるようにした。「世界初の実用的な知能増幅(IA)技術」は伊達じゃない。

=}{*}

その問題を克服した最初の望事プロジェクト)が希哲館訳語だが,それで上手く行くとも限らない。表面的な問題は解決したが,未知の問題が隠れているかもしれない。

=}{*}

=}{*}

私が感じていた,過去の翻訳語提案系の望事プロジェクト)に共通する問題は大きく2つあって,体系性実践欠如。つまり,ほぼ全て「部分的な提案」止まりだった。しかし,言語というのは体系であり実用するもの。それで上手くいくわけがない。

=}{*}

=}{*}

希哲館訳語は,その(没案も含めるとゆうに1,000語を越える)のみならず,各語に加えられた考察充実も他に類をみないものになっている。そして実際に率先して使っているということ。

=}{*}

希哲館訳語活用した和文とそうでない和文では,簡潔性表現力に明らかなが出る。これをどうやって感じてもらえるか,というのを一つの課題としている。

=}{*}

これ,VR って面白さが伝えにくいよね,という話にちょっと似ているかもしれない。

=}{*}

ショートカット」に対して「省割」は文字数にして3分の1以下,漢字有効に活用しているので理論上の差は歴然なのだが,どちらも判読するのに1秒もかからないので,並べてみても体感的な差は認識出来ない。これは翻訳語普及を考える時の難しくも面白い課題

=}{*}

翻訳語献典コンテンツ)としてあまり注目されない理由の一つに,私が「不可感差」と呼ぶものがある。例えば,「ショートカット」と「省割」,並べてみてもその差は無視出来るほど小さく見える。これは錯覚の一種で,単語というのは頻繁に繰り返し用いられるので,組み合わせも含めると「塵も積もれば山となる」式に効率上の差が出てくる。つまり,翻訳語を使う利点が認識しにくい。

=}{*}

伝える努力」って,やって初めて,いかにやってなかったかが分かるな……。

=}{*}

これだけ独自研究を好き勝手にやれる恵まれた環境を与えられて,ろくに伝える努力もせず,世間理解苦言を呈していた私が愚かだった……どれだけ甘えていたのか……申し訳ありませんでした。

=}{*}

『希哲辞典』という形にしたことで,希哲館訳語によって「日本語の力を取り戻す」とか,私がこれまで語っていたことの意味が圧倒的に伝えやすくなった気がする。逆に言うと,これまで私の頭の中にしか無かったもので,伝わるわけがない。

=}{*}

ライフルの「螺砲」(らほう)もつい最近思い出した希哲館訳語。こんなに可愛いのに今までしまっておいてごめん……。

=}{*}

それは悪い見方をすれば,世間との間にある溝の深さでもあるわけだが。

=}{*}

希哲館訳語も含めて,希哲館用語は恐らく2,000語はあるだろうというくらい膨大なものなのだが,これはいかに新しいことを語ってきたか,というある程度の弁値ベンチマーク)にはなっていると思う。

=}{*}

=}{*}

でも実際,まだ語られていないものを語る,名前の無いものに名前を付ける,というのは精神開拓行為に他ならないのだよな。

=}{*}

いや,さっき名言ボットでたまたま見たのだが。

=}{*}

本当は,常に変わったことをやっている人より,地味なことを淡々と上手くやり続ける職人のような生き方に憧れていたはずなのだが,いつの間にか初心を忘れていた。

=}{*}

こういうところでも,本当はもっとありがちで薄っぺらい受け狙いの投稿をしていった方が逆にかっこいいのかもしれない。

=}{*}

私のように,自然にしていると変わったことばかりしてしまう人はこれを肝に銘じた方がいい。独創性は甘え

=}{*}

昔,「独創性は甘え」という言葉をよく使っていたのを思い出す。まあ,私は生まれ育ちから変わり過ぎているので,人と違ったことを考えたりやるのは別に何でもない。そこに甘えると多くの人から理解してもらえなくなり事業失敗するので,むしろ地味ありがちなことを丁寧にやる努力が必要,という警句だった。

=}{*}

独創性も行き過ぎるとに等しい。

=}{*}

まあ,自分の言葉で語り過ぎて誰も付いてこれない感じになりがちなのは玉に瑕なのだが……。

=}{*}

希哲館訳語は,希哲館がいかに「自分の言葉で語る」ことに拘り,努力し続けてきたかのになっている。日本語で育った人間として,これ以上誇らしいことはない。

=}{*}

ちなみに,この種の新造訳語だけで既に126語を数えているが,すでに50語以上の追加が確定している。さらに掘り出せるはずなので,最終的に200語越えは確実。もはや退屈な「史上最大の翻訳語体系」より魅力的獲句キャッチコピー)を募集しています。

=}{*}

自分で「まだあるのかよ!」と呟きながら『希哲辞典』編集をしている。私はこれまで何をやっていたんだ……良くも悪くも。

=}{*}

当面は,希哲館事業構想希哲館技術体系希哲館訳語を重点に希哲館献典(コンテンツ)整備を進めていく。あともう一つ巨大な隠しネタがあるが,それはいずれ。

=}{*}

『希哲辞典』と両輪で進めていきたいのが,『希哲技典』の整備。希哲館訳語に負けず劣らず独自性満載で膨大な希哲館技術体系を公開する。これまで時間的に出来なかったことがどんどん出来るようになるな。

=}{*}

そういう意味では,後回しにしてきたのが正解だったんだろうな。

=}{*}

史上最大の事業構想を一息で説明することは出来るのか。出来たとして理解してもらえるのか。

=}{*}

でもこんな感じで,希哲館事業について,端的に表現する文言が欲しい。

=}{*}

希哲館訳語,実はこうして一箇所にまとめるのは初めてなので,これまで気付かなかった色々な発見があって嬉しい

=}{*}

さて,今日こそ『希哲辞典』希哲館訳語をばりばり追加していこう。

https://dict.kitetu.com/

=}{*}

感染症の名前に地名を使わないというのは良い提案だと思うが,意地でも付けてやりたいというのも,意地悪いというかみみっちいというか,哀しい性格だな……何がここまで日本人を貧しくしてしまったのか。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha