希哲13年6月24日のツイスト

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲13年(2019年)
06月24日 00:00
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。

広告

一覧

=}{*}

そういえば,論組プログラミング)におけるバグ論駁の「」(入りまじる)で訳していたのだが,よく考えたら「馬鹿」でもいい気がしてきた。バグフィックスは「馬鹿直し」で。

=}{*}

昔流行ってた頃に好きだった The Ting Tings,久しぶりに聴くとやっぱり良いな。今は《That's Not My Name》が一番好きかもしれない。

=}{*}

これからは,もう少し丁寧な生き方を心掛けていく。

=}{*}

実際,東洋文化に傾倒していたジョブズ時代の Apple が「アメリカ的」な企業ではなかったように,本当に大きな価値は文化の境界に眠っている。「日本人的ではない日本人」にしか出来ないことがある。

=}{*}

その一方で,日本人的な神経質さとか細部への拘りが活きているな,と感じることも多々ある。このあたりに日本知識産業革命の中心地になる,と私が確信する理由がある。

=}{*}

柔品(ソフトウェア)開発をしていて,これは成功したなあと思う判断って,大抵「日本人的ではない」ことだったりする。常識や形式よりも今本当に必要なことを見極めて,大胆に実行する。目先にとらわれず常に戦略を意識する。やればやるほど,日本の情技(IT)企業が弱い理由が分かってしまう。

=}{*}

私は Mastodon 捌き(サーバー)の更新を怠っているように見えるだろうが,私の目的は最初から,Mastodon では達成出来ない「鳥かご(Twitter)崩し」を Mastodon を利用して実現することだ。

=}{*}

Mastodon の登場には大きな意義があると思うものの,Twitter に対抗出来るほどの将来性は元々感じていないのだが,ツイストと組み合わせれば ActivityPub切り札になりうる。「マイクロブログ革命」だ。

=}{*}

それが出来ると,例えばいちいち「制危(セキュリティ)」みたいな書き方をしなくても,「制危」の輪結(リンク)先に飛べばすぐ何を意味しているのか分かる。私がツイストでいちいち希哲館訳語を使うのにカタカナ語を併記しているのは,意味符号知番)を扱える実装がデルン以外に無いからだ。

=}{*}

少し前の記事に,ActivityPubMastodona 要素を受け付ける,と書いてあるのだが今も有効なら知番輪結(リンク)をそのまま埋め込めてかなり楽しいことになりそうなのだが,流石に制危(セキュリティ)的に対策されてるかな。

=}{*}

デルンの ActivityPub 対応,月内実現も視野に入れて本格的に検討することにした。

=}{*}

ActivityPub,ちょっとした隙間時間に仕様を調べたり,デルンへの統合を考えたりしてきて,ようやくイメージが固まってきた。本気でやれば一日で最低限の機能は作れるかも。

=}{*}

デルンの ActivityPub 対応,結構現実味が出てきたな。最初はツイストの脇に「配信」ボタンみたいなものを付けておいて,押すとツイストを連合界fediverse)に流せる。問題は,フォローしてもらうのは良いとして,デルン上でどうフォローするのか,フォローしたところでどう投稿を表示するのか,だな。

=}{*}

最近,デルンの実装もさることながら世界初意味符号化方式である「知番」(knumber)の役割の大きさを実感することが多い。

=}{*}

なんでだろう,イノベーションの「異能普請」(いのうぶしん)って訳語,たまに使いたくなるのだが使ってみるとちょっと恥ずかしいものあるな。駄洒落臭すぎるのか。

=}{*}

例えば,今のツイストActivityPub で配信して,Mastodon あたりから投稿の固有輪結リンク)を開くと,以下のようなページが表示されるということ。これはちょっとした異能普請イノベーション)だ。

https://kitetu.com/KNo.F85E/A-5B28-8F8D

=}{*}

そうか,デルンActivityPub 対応すると,普通に投稿元の輪結リンク)からツイストのページが開けたりするのか。それは強いな。

=}{*}

というか今月の月庭kitetu.com),普通に200万 PV くらい行くな。1,000万 PV は流石に難しいが,300万 PV を目標にしておこう。

=}{*}

昨日のツイスト

https://kitetu.com/KNo.F85E/A-5B28-369F

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha