サムライ

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲14年(2020年)
02月12日 10:31
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

ソフトウェアを「柔よく剛を制す」で「柔品」と訳してみたり,サービスサムライの由来でもある「侍い」と訳してみたりすると,ただ単に言葉を置き換えている以上の「概念日本人としての自分のものになっている」感覚がある。我々日本人は,本当に言葉を奪われていたんだな,と痛感

=}{*}

候い」だと恐らくほとんどの人が読み方に見当もつかないので,「侍い」と書いてさぶらいと読ませるか。サムライからイメージしやすいという利点もある。

=}{*}

昔から,サービスを「さぶらい」を使って上手く訳せないか考えているが,いまいちそこから進まない。「さぶらう」というのは仕えるという意味で,サムライの語源。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha