希哲13年6月13日のツイスト

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲13年(2019年)
06月13日 11:55
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。

広告

一覧

=}{*}

そういえば,もともと「○○円でも希哲館事業は売れない」とよく言っていたのが起源だった。要するに世界中の全ての金を積まれても売れない,ということだったんだな。

=}{*}

希哲館事業推定時価総額がなぜ3京円なのかというと,産業革命並みに世界経済を飛躍させる可能性があるとして,今の世界全体の GDP などから考えて1京円は下らないだろうという所から始まり,事業の状況によって変動させている。無茶苦茶なようで,私の実感には忠実に表現されている。

=}{*}

何千倍にもして返してやろうじゃないか。アメリカに「黒船」を。

=}{*}

そういえば,ジパング計画が成功したら日本円米ドルに代わって基軸通貨になるのか……これは楽しみだな。

=}{*}

なんでそんなことを急に熱く語り出したのかというと,自分でも不思議だが,その希哲館事業推定時価総額3京円から5京円になろうとしているからかもしれない。

=}{*}

これは別に小説の設定ではない。こういうことを真剣に考えながら生きてきた人間が少なくとも一人,日本にいる,という事実は知っておいてほしい。

=}{*}

希哲館事業サブセットとして,日本を世界史上最大の極大国(ハイパーパワー)に成長させようという「ジパング計画」があるわけだ。

=}{*}

希哲館事業は,ざっくり言ってここ3千年くらいの人類史の総決算のような事業だ。それ以前の世界では事業といっても高が知れているので,「世界史上最大の事業」と称しても過言ではないだろう,ということになっている。

=}{*}

まあ,ここまで理解させずに「世界史上最大の事業」とか「希哲館事業推定時価総額3京円」とかスナック感覚で聞かせている私も私だが。

=}{*}

じゃあ,みんなが例えばマイクロブログを使うような感覚で,自然に知的成長が出来るような仕組みがあればいいよね,という発想からデルンがある。構想はおよそ17年前から,実装は7年前からある。私がよく言っている「3京円事業」というのも,ここまで理解出来るかどうかで感じ方が変わってくるだろう。

=}{*}

プラトン民主主義における衆愚政治を恐れていたし,基本的に選り人(エリート)主義なのだが,私はむしろ「希哲」(フィロソフィア)というアイデアは民主主義と相性が良いと思っている。ただ,これまでは「希哲民主主義」を実現する情報技術がなかった。全ての有権者といちいちソクラテス的な対話は出来ない。

=}{*}

私が希哲館事業を「世界史上最大の事業」と言った時,ただの放言と笑うか,その真意に気付くかは,乱暴に言ってしまえば「教養想像力の問題」だ。

=}{*}

で,この状況,実はソクラテスが現れた時代の古代ギリシャとそっくりだったりする。私がデルンをしばしば「メカソクラテス」と呼び,これによる「希哲民主主義」の実現を見据えているのは,西洋文明史の観点からは正統中の正統,ド正統にしてド王道。

=}{*}

今の世界ではインターネット政治にも多大な影響を与えるわけだが,SNS では知性理性より感情が先立ってしまうので,このままでは衆愚政治の蔓延は避けられない。そこでインターネットに知性を,という課題がある。

=}{*}

というのは情報有機性のことなので,これがそのまま「インターネット知性を与える」希哲館の使命となる。

=}{*}

デルンはすでにウィキのようにもブログのようにも使えるし,FacebookTwitter のようにも使える。これを拡張し続けて,全ての出与え(データ)を有機的なものにする。昔からビッグデータよりもライブ(生きた)データと言っているのはこういうことだ。

=}{*}

現状のネット媒体の課題は「分断」だと思っていて,用途や実名性の強弱で司組(システム)が根本的に分断されているのは損失が大きい。求められている差以上の差が出来てしまう。もっと仕無裂(シームレス)にしたい。

=}{*}

実は,月庭は将来的に匿名掲示板用者(ユーザー)を取り込むことを考えている。要するに,匿名で好きな輪郭描出出来るようにする。表示は邪魔にならない程度に抑制するとして,これはそれなりにトラフィックをはね上げる施策だと思う。

=}{*}

デルンでデルンに関する知識を整理しながらデルン理腑リファクタリング)をしているのは,何かとてつもなく凄いことのような気がするな。この上なく贅沢な知的作業だ。

=}{*}

基本的には進歩したなあ,という感慨なのだが。

=}{*}

思い入れと歴史のある交度コード)の理腑リファクタリング)って,作業そのものに神経を使うというのもあるが,色々な感情がごちゃ混ぜに湧いてきて,意外にどっと疲れる。

=}{*}

=}{*}

最近,第三次世界大戦の勃発が現実味を帯びてきているので,希哲館事業を加速させる必要がある。

=}{*}

日本人は長いあいだ日本人を誤解していた。欧米に対抗するのに欧米の精神まで真似る必要はない。日本の歴史中に「従順ならざる日本人たち」がいる。「黒船」は内にあり。

=}{*}

頼朝尊氏義満道灌早雲信玄謙信景勝政宗信長秀吉……現代日本が必要としている中世の革新者(イノベーター)たちの亡霊を引き連れ,希哲館はやってきた。

=}{*}

日本人の精神にはやはりどの時代に基礎を置くか,というのがあって,例えば皇室公家の末裔はまだ古代の住人だし,徳川家はまだ近世の住人だし,薩長の末裔はまだ近代の住人でいる。私はといえば,「隠された時代」こと中世日本からやってきた。

=}{*}

私は関東管領として漁夫の利を狙う。

=}{*}

日本の場合,もともと江戸幕府近世日本)と薩長近代日本)という対立軸があったわけだから,こうなるのも自然なのか。希哲館中世日本からやってきたようなものだが。

=}{*}

=}{*}

徳川家広さんが野党希望の星になってる感じ,アメリカ民主党ケネディ家を担ぎ出したのにちょっと似ていて面白い。保守とは何か。

=}{*}

もしかしたら直感に基く発家(ハッカー)的な仕事を想像しているのかもしれない。それにしても,最初から仕様書の作りようがない仕事と仕様書を無視することは全く違う。

=}{*}

阪急電鉄の「仕様書どおりにつくるエンジニアはいらない」みたいな言説は昔からあるが,「来た球を打つだけのバッターはいらない」みたいな話だなといつも思う。

=}{*}

昨日のツイスト

https://kitetu.com/KNo.F85E/A-5B28-BCA7

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha