世界初の実用的な知能増幅技術

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲14年(2020年)
01月17日 21:21
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

ちなみに,Twitter でも宣伝を始めていて,こことは違って極力親しみやすいように差別化している。信じられるだろうか。これが「世界初の実用的な知能増幅(IA)技術」の驚異的擬態である。

https://twitter.com/Dlt_jp

=}{*}

もっとも,私の場合,「世界初の実用的な知能増幅(IA)技術」であるところのデルンを自分で開発して使ってきたので,理論上はすでにサイボーグみたいなものかもしれない。

=}{*}

……つまり,デライト成否で全てが決する。日本人日本語で考え,自ら開発した論組(プログラミング)言語で,世界初の実用的な知能増幅(IA)技術を世に出す……これが失敗した後,同じような望事プロジェクト)が再び日本から出てくることを想像出来るだろうか。

=}{*}

振り返ってみると,自分でもなぜこういう翻訳語を次から次へと思いつくのか不思議だが,「世界初の実用的な知能増幅(IA)技術」であるデルンのおかげ,ということにしておこう。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha