希哲13年4月19日

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲13年(2019年)
04月20日 02:40
下描き希哲13年(2019年)
04月10日 20:32
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

今日も昔のことを思い出していた。特に10代の生活を思い出し,いかに自分が特異かつ恵まれた環境にあったか痛感した。親孝行しなければという気持ちにもなった。

翻訳

クロック周波数等のクロックを「」と訳せることに気付いた。収穫。

一覧

=}{*}

私のような人間が,人並以上に生きていられるだけで奇跡みたいなものだし,その中で自分の力なんてちっぽけなものだ。

=}{*}

やっぱり,日本社会環境親戚家族には感謝しなくてはならない。

=}{*}

最近,昔のことを思い出すことが多いのだが,なんで私はこんなに他人と違うことをやっているのだろう,ということを考えると,そもそも物心ついた頃から他人と同じように生きていないし,それを許してくれる環境があったということに行き着く。「多様性」の強みというのは多分こういうことで,日本人がみんな似たりよったりなのはそもそも育ち方がほとんど同じだからなんだよな。

=}{*}

希哲社は,最新鋭の知識処理(knowledge processing)環境剛品(ハード)・想品(ソフト)・サービスと総合的に提供出来る企業になるだろう。これがポスト GAFAM への唯一の道だ。

=}{*}

剛品(ハード)といえば,希哲社でも将来的には個人機(PC)等の販売を視野に入れている。最初はショップブランド方式で虎哲搭載の個人機を売りたい。数万円程度のものから百万円くらいの「ノウステーション」まで。

=}{*}

正直,いまデザイン面で印迫(インパクト)のある製品は出てきてないな。iPhone あたりを最後に。「小さくする」方向ではどうしても剛品(ハード)の差別化が難しい。

=}{*}

最近の Mac はかっこよくなった分,ああいう可愛さは無くなった。剛品(ハード)的にも想品(ソフト)的にも。

=}{*}

歴代 Apple 製品の中で,いま見てもデザインが魅力的なのは初代 iMacApple IIc だと思う。もちろん他のも当時としては洗練されていたのだろうし,最近のも省スペース志向で「無駄の無い美しさ」はあるのだが,物理的な存在感を愛嬌に変えているのが凄いと思う。

=}{*}

まあその洞察力のせいで自殺寸前まで追い込まれたのだから,そんな頭の「良さ」は時として病気だ。

=}{*}

その「人間の情報処理能力を高める」装置こそ今私が盛んに言及している「知機」(knower)だ。

=}{*}

勉強以前に少年時代の私は頭の出来が異常だったのだと思う。良い方になのか悪い方になのかは価値観にもよるが,少なくとも悪魔的に洞察力が高かった。

=}{*}

私には子供の頃からある直感があった。「世界の情報量に人間の情報処理能力がまったく追いついていないのだから,まずは人間の情報処理能力を高めてから勉強すべきだろう」。これはあまりに素朴で,脱臼するくらいもっともな発想だったのだが,当然ながらそれを許す社会ではなかった。だから少年時代の私はそういう社会と闘うことにし,あらゆる勉強を片っ端から蹴った。

=}{*}

私は7年前にデルンという勘報(コンピューティング)史上最難関の想品(ソフトウェア)を実装することに成功したのだが,それまで,勉強というものをほとんどしなかった。論組(プログラミング)ですら,本格的に始めたのはその6年ほど前だった。

=}{*}

戦略的不勉強というのはつまり,「費用対効果の低い勉強は避けるべき」ということなのだが,私にとってそれはデルンの実用化パラ・シンギュラリティ)以前の全ての勉強を指した。

=}{*}

私も昨日深夜から動向を実況していたのだが,今回のモラー報告書はこれまでの醜聞とは質が違う感じがした。トランプ側がかなり苦しい。私も「トランプは論外だが日本がアメリカに勝つためにいてほしい」という立場で,「共和党に勝つためにいてほしい」という民主党の立場に近いので,世論がトランプ弾劾に傾きつつある(必ずしも歓迎出来ない)生々しい感触を得ている。

=}{*}

モラー報告書を受けて,ついにハッシュタグ #ImpeachTrump (トランプを弾劾せよ)がトレンドに。これまで選挙戦略などの理由から弾劾運動に消極的だった民主党世論の突き上げが。

=}{*}

政治的主張は色々だが,少なくとも自分が守りたい価値観のためだと言うなら,その代表者にこそ「人間的に信用出来て有能な人物」を選ぶべきだろうに,と思ってしまうことが多い。まあ,本気でそう思ってトランプを選んでしまうような人に言いたいことが伝わるか分からないが,保守層の100年分の名誉はトランプで失なってるからな。

=}{*}

しかし,このモラー特別検察官の手際の良さに対して,すぐにバレる党派的な嘘をつき,司法長官としての信頼性に自ら傷を付けるバー司法長官の無能ぶりが際立つ。まあ,トランプと同類なのだから無理もないが。

=}{*}

実際,モラー報告書がどの程度政権に打撃を与えるかは分からない。もちろん普通の政権なら吹き飛ぶ醜聞だが,トランプ政権はそういう常識や経験則による予想の多くを裏切ってきた。ただ,弾劾論もかつてない盛り上がりを見せている。政権にとって過去最大の危機ではある。究極的には国民感情に大きな変化があるかという問題。

=}{*}

モラー報告書,当初のバー司法長官の説明では「証拠不十分」という感じだったが,実際には「これだけ調べた。後は分かるな?」という感じで,むしろ結論を出すまでもない,という態度に見える。そして結論を出さないことで党派性を消して,信頼性・説得力を高めている。これはトランプより一枚も二枚も上手だな。

=}{*}

ただ,個人的にはこれでトランプ政権に吹っ飛んでもらっても困るのだが……。せいぜい「半殺し」くらいで留めてほしいところ。トランプ時代は日本アメリカを越えるうる奇跡的な機会なんだ……。

=}{*}

モラー報告書,現時点では概ね「トランプに不利」として受け止められている。少なくとも,バー司法長官が結論を捻じ曲げたことが明らかになり「モラー捜査の結論として大統領の潔白を喧伝した」側には痛いことになった。一旦ぬか喜びさせて「モラーは信用出来ない」という攻撃を防ぐ作戦だとしたらモラーは策士中の策士だな。

=}{*}

ちなみに,トランプ自身は長い文章が読めないことで有名なので,内容を理解出来ていない(恐らく読み切れてもいない)とみていい。つまり,トランプ周辺の弁護士などが必死で対策を練っているところだが,整合性を保つのは至難の業だろう。

=}{*}

モラー報告書における唯一にして真の勝者はインク業者だろう」とのツイートがちょっと好き。黒塗りが目立つため。

=}{*}

トランプ政権の能力の低さを考えると,あれだけ長大な報告書をこの短期間に精査し完璧な対策が出来るとは思えないので,ボロがいくつも出てくるのは間違いないだろう。

=}{*}

ロシア疑惑に関するモラー報告書がついに公表されたが,本国の反応を見る限り新しい火種以外の何物でもないな,これは……。

=}{希哲13年4月19日のツイスト}

=}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}
出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha