希哲13年9月6日のツイスト

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲13年(2019年)
09月06日 10:06
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。

広告

一覧

=}{*}

下継装体書CSS)って,結構何となく使えてしまうものだから,曖昧な理解のまま使って躓くことが多い。ある程度複雑なものを作るようになったら,仕様をしっかり理解していくことが大事だな。

=}{*}

デライトには,思想理論戦略革新性分かりやすさデザイン,どれも一級のものがある。ただ,離立リリース)だけが無かった。売ってない餅。

=}{*}

でも,もう少しだ。ようやく出口が見えてきた気がする。

=}{*}

下継装体書CSS)も奥深いな……。昔から書いてるのにいまだによく分からん。

=}{*}

その「単純便利なもの」を作るのにこれだけの時間労力が必要なのだから,本当に,人生何に時間を使うかの選択って大事だ。「つまみ食い」で出来ることは少ない。

=}{*}

デライトはおそらく,一見して物凄く単純司組システム)に見えると思うのだが,そう考えると,世の中にある単純で便利なものって叡智結晶なんだな。ちょっと世界の見方が変わる。

=}{*}

今,長年私がデルンとして使ってきたものを,デライトという誰でも使えるものにする作業をしているわけだが,全てを理解している自分が使うから許されていた不親切さや一見不可解な挙動が色々あるんだなと気付かされる。面白い経験

=}{*}

名前ローマ字表記名字を先にする方針,現政権で久しぶりに評価出来る仕事だ。ただ,欲を言えば日本人ローマ字を書くことより,世界の人々が日本語を読み書き出来るようにすることを目指すべき。

=}{*}

この感覚,何かに似ているな,と思ったら,釈迦から抜け出せなかった孫悟空だ。

=}{*}

日本の情技(IT)産業を救い,世界の頂点を目指そうという仕事なのだからそりゃそうなんだが……そうなんだが……もうちょっとな……。

=}{*}

行き詰まって,足踏みしているから目標に辿りつかない,というのとはまた別の怖さがある。凄まじい速さで進んでいるのに目標地点が見えてこない,というのは。

=}{*}

一週間前の自分が未熟に思える成長の速さで……。

=}{*}

進んでも進んでもまだ先がある。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha