希哲14年2月21日のツイスト

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲14年(2020年)
02月21日 00:11
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

まあどの道,ここで日本から大きな革新を生み出せなければ日本に明るい未来はないわけで,とにかくやるしかない。50年後発展途上国の仲間入りをしているか,世界史上最大の極大国ハイパーパワー)になっているか,二つに一つだ。

=}{*}

コロナウイルス関連で日本もいよいよ危機感最高潮に達してきたところだし,ここでデライト成功すれば希哲館事業安泰かもな……。

=}{*}

そういう意味でも,やっぱり日本人が日常的に使うサービス日本人日本語を最大限に活かして作らないと駄目だな,と思う。外資系日本語日本語話者弱体化させている。

=}{*}

文芸的用合い(literate user interface)という概念は昔から考えているのだが,たぶんこれ,漢字文化圏優位性があるな。漢字なんかアイコンみたいなものだし。

=}{*}

用合いUI)における文言とかって,全体として極めていくと文芸になっていくと思うのだが,あまりこういうの概念として確立されていない気がするな。アイコンとか,非言語的要素が重視されるようになったこともあるのか。

=}{*}

逆に言うと,いま税金問題最重要視している政治家たちは,これからの国家を考えるに十分なビジョンを有していないということ。

=}{*}

消費税をどうするか,みたいな経済政策はもはや焼け石に水のようなもので,いま本当に必要なのは日本経済を大きく飛躍させる成長戦略。単純な話,日本が今の10倍成長したら大抵の問題は解決するわけで。それが希哲館ジパング計画

=}{*}

この世界で誰も到達したことがない境地にどう行くか。それを考え続けるしかない。

=}{*}

アキレスと亀ではないが,GAFAM を目指していては GAFAM を越えることは出来ない。GAFAM の想像力を越えていないということだから。

=}{*}

そもそも,希哲館事業GAFAM の合計時価総額の3倍くらいは目指さないと成立しない構想。「GAFAM を目指せ」とかいうレベルではないくらい無茶な代物だったが,デライト成功すればそれもではない。

=}{*}

そういえば,希哲社GAFAM ではなくサウジアラムコを越える企業を目指さなければならなくなったのか……。

=}{*}

マイクロソフト製品,昔に比べるとずいぶん洗練されたなあ……。

=}{*}

私がブーティジェッジに注目し始めたのは昨年4月頃。当時から「大衆選り人(エリート)の融和」を掲げる希哲館事業との「かぶり」を危惧していた。

=}{*}

希哲館はすでに最悪のケースとしてブーティジェッジ当選想定している。こうなると,アメリカは「世界優等生」に戻ってしまうことになり,「混迷するアメリカに代わり希哲日本が世界を主導する」という筋書きが危うくなる。

=}{*}

個人的に,誰が米大統領になると困るかという順でいえば,ブーティジェッジブルームバーグサンダースウォーレン……最後にトランプ。これは,日本米国を凌ぐということを考えた時,障害になる順ともいえる。つまり,前者ほど米国人にとっては無難な候補ということになる。

=}{*}

民主党候補,みんなそれなりにトランプにとっては強敵で,現時点では誰が勝ってもおかしくない状況ではある。というか,トランプが特に選挙に強いわけではないので普通に民主党の足並みが揃えば勝てるはずなのだが,保守に比べてリベラル支持層多様でまとまりにくいという欠点がある。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha