希哲14年1月22日

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲14年(2020年)
01月22日 16:08
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

今日のイチオシ希哲館訳語えんじん演心広義エンジンengine)。原語源才能能力などを表すラテン語展開するもの()の中心,の意。「検索演心」。

=}{*}

でも C++nullptr してしまった。そして「偉い人が決めたことだしみんなも使ってるから」みんなが黙って使う。そういうところが,日本語カタカナ依存症を髣髴とさせる。私なら,多少問題が起きようが nil にしろと言う。それで問題の起きるような交度(コード)があるならそいつが悪い。書き換えろと。それが出来ないから「言語的負債」が積み上がっていく。

=}{*}

申し訳ないが,如零指示体ヌルポインタ)のために nullptr と書かせる言語は,どう考えても何かを根本的なところで間違えていると思う。

=}{*}

日本語カタカナ依存症C++命名の悪さは,多分似ている。無難選択を重ねていくうちにどんどん醜くくなっていく。美しい言語というのは,どうしても誰かが自分の感性を信じて突き進まなければ出来ない部分がある。画家がいちいち指図されて良いが出来ないのと同じで。

=}{*}

いずれにせよ,このままの情技(IT)日本語の「言語的負債」を子供達に残すわけにはいかない。遅かれ早かれ,希哲館訳語は何らかの形で世に出るだろうし,出さなくてはならないと思っている。もちろん希哲館訳語の全てが絶対的な正解とは言わないが,少なくとも叩き台としてこれ以上のものが無いことは多くの人に同意してもらえるだろう。

=}{*}

希哲館事業の「人類史上最大の事業構想」にしても希哲館訳語の「日本語史上最大の翻訳語体系」にしても,どうも希哲館がやっていることは日本人視界には収まりにくいようで,私は事実を淡々と述べているだけのつもりなのだが,井の中の蛙放言と受け取られがちなのが玉に瑕。勘の鋭い人なら,単なる思いつきならかえって言えることではない,と分かるのだろうが……。

=}{*}

希哲館訳語は,原語が表す概念理解に努め,原語を取り巻く状況を既存の翻訳語古典も含めて入念に調べ上げ,語感,他の翻訳語との整合性使い勝手……あらゆる面から検討を重ねて造られている。一つの翻訳語に定まるまでボツ案が数十語出ることも珍しくない。それを自分で率先して使う。そんな翻訳語が数百はある。控え目に言っても「日本語史上最大の翻訳語体系」と表現せざるをえない所以。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha