希哲13年7月17日のツイスト

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲13年(2019年)
07月17日 12:08
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

つまり, では no_t foo( no_t ) sry と宣言した函数サボルーチンとなり,函数が完成したところで,例外を禁止するなら no_t foo( no_t ) dry,許容するなら no_t foo( no_t ) cry とする。なんだこれ……。

=}{*}

で「明示的手抜き」を概念化し始めて,サボルーチンの表現方法として例外仕様のところに sry(sorry)と記述する,というのを思いついた。 では noexceptdry で表現してきたため。ついでに例外送出も cry で明示化する。

=}{*}

フィールドに対して gettersetter があると考えるのは悪習で,カプセル化の意味が無い。フィールドとアクセサーは結果的に似るものであって,別々に考えた方がいい。まずアクセサーを含めたメソッド群を考えて,フィールドは後付けでいい。

=}{*}

世界で初めて知能増幅酔いに見舞われ,それを知能増幅技術で解決した男になった。

=}{*}

情報過多などで酷使し過ぎると心身に様々な悪影響を及ぼすことは「脳疲労」として知られているが,デルンのような知能増幅技術はそれを招きやすい。これを「脳過熱」と呼ぶことにした。

=}{*}

なんでそれが分かったのかというと,最近のデルンでの描出を振り返ってみると物凄く思考の範囲が拡がっていることが分かる。そこで,少し焦点を絞ってみることにした。翌日から嘘みたいに顔色が良くなりすこぶる調子が良くなった。

=}{*}

実はここ一ヶ月ほど,原因不明体調不良に悩まされていたのだが,どうもこれが,デルン大最適化後の知能増幅酔いというか,「脳過熱」とでもいうべき現象だったことが判明した。私は世界で初めて知能増幅の洗礼を受けた男かもしれない。

=}{*}

=}{*}

宣伝解禁してから一ヶ月ちょっとしか経っていないのに希哲館事業が世間に認知されていないと嘆く馬鹿こと私。マーケティングなめすぎ。

=}{*}

昨日のツイスト

https://kitetu.com/KNo.F85E/A-5B28-9F49

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha