希哲13年6月26日のツイスト

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲13年(2019年)
06月26日 12:22
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。

広告

一覧

=}{*}

今の希哲館事業戦略的完成度は,間違いなく史上最高級の位置にある。というより,ほとんど芸術である。

=}{*}

高すぎる独自性というのは,どうしてもとっつきにくさでもあるのだが,そこを補えるデライト発明で完全な長所になった。つまり,月庭独自性を,デライト軽常(カジュアル)性を,それぞれ極める「二刀流」で攻める,という戦略が完成した。

=}{*}

ウェブサイトとしての月庭kitetu.com)の強みは,技術的な最適化能力が高いということもあるが,やはり司組システム)・献典コンテンツ)の両面における独自性の高さ。これは他の追随を許さない。

=}{*}

少なくとも,自分が目指している方向では自分が一番先頭を走っている,と思えていなければ「天下を取る」と言っても自分を騙しているに過ぎない。私は少なくとも希哲館事業の進路で先を行く者を知らないから,何の迷いもなく世界の頂点を取って日本を世界史上最大の極大国に導けると言っている。

=}{*}

無駄が無い,ということは大きなものを作ろうとすればするほど重要で,それは単純に人間の寿命が短かいから。数十年かけて出来るかどうか,みたいな目標を達成するのに寄り道している時間は残念ながら人間には与えられていない。

=}{*}

考えてみると,私はこれ(デルン)を作る,と決めてから開発者になっているので,作りたいもののために,何を要素技術として使うか,ということだけ考えてきた。そのおかげで,振り返っても何一つ無駄がない。

=}{*}

それでは,価値を作っているアメリカ企業に勝てないのは当たり前。万年後追い,万年二流。それでは駄目だ。もっと駄目なのは,それが駄目だと言える人間がいないところ。内輪ノリで細々と食いつないでいければいい,という根性。

=}{*}

日本の情技(IT)者に足りないのは「戦略性」だ。この技術を使ってどうやって価値を生み出すか,ではなくて,価値人気求人)ある技術をどう覚えるか,が主になってしまっている。

=}{*}

7年間それなりに運用してきたことで,デルンへの信頼感がようやく揺るぎないものになりつつある。いつ壊れてもおかしくない,というくらいの実験的司組システム)だったが,やはり運用実績稼動実績は大事だ。

=}{*}

デルン,あるとないとでは生活の質がまるで違うので,人類への義務として一刻も早く普及させたい。

=}{*}

昨日のツイスト

https://kitetu.com/KNo.F85E/A-5B28-D0FF

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha