希哲日本

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲13年(2019年)
04月02日 15:32
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。

広告

一覧

=}{*}

知識産業革命を可能にし,日本を世界史上最大の極大国(ハイパーパワー)に導くことが出来るようになりありがとうございます。

=}{*}

日本はこれから,世界史上類をみない発展を遂げるだろう。私の目には,その光景がありありと浮かぶ。

=}{*}

令和日本空騒ぎだけで日本の展望は良くなっていないばかりかどんどん希望が消えている感がある。希哲日本にはこんなに希望が満ちあふれているというのに。

=}{*}

大衆の無知と欲望を利用する暗愚の枢軸と,それに飲み込まれつつある日本。そこに希哲館ジパング計画を引っ提げて現れ,日本極大国(ハイパーパワー)化を実現,希哲民主主義を世界に広める。筋書はもう完璧に出来上がってしまった。

=}{*}

トランプ政権を中心とする「暗愚の枢軸」との闘いも,小さくはないが,ある程度見通せるようになってしまったので以前ほどの危機感はない。米中が疲弊した頃に希哲日本ジパング計画で世界の頂点に躍り出るだろう。

=}{*}

選択と集中というと敬遠されがちだが,多産多死型のイノベーションでは米中に勝ち目が無い。最近よく言っているように,日本人の団結力は世界最強だ。ただそれを活かせる,時代に合った方向性を見出せていない。念入りに目標を定めて,この世界最強の集団を送り込む狙撃手が必要だ。

=}{*}

だから何となく私は一日気が重かったんだな……。生々しく言ってしまえば,これは令和日本に対する希哲日本の挑戦の始まりだ。

=}{*}

日本はすでに中国に勝ち,ロシアに勝ち,ヨーロッパに勝った。後はアメリカに勝つだけだ。アメリカが勝手に没落する前に日本が蹴落とす。

=}{*}

希哲時代は,無知憎悪に支配された時代から卒業し,希望による時代を切り開く。

=}{*}

この道を指し示すのが希哲時代希哲日本ということになる。

=}{*}

私はすでに「希哲時代宣言」を行っており,平成後は上皇派として希哲民主主義に基く「希哲日本」を率いる覚悟だ。「暗愚の枢軸」ことトランプ政権とそれに隷属する安倍政権が率いる「令和日本」とはここで袂を分かつことになるだろう。

=}{*}

平成時代が終わったら希哲時代が始まる。希哲日本は,今度こそアメリカを凌ぐ極大国(ハイパーパワー)となり,人口増加に転じて「日本人三億」時代を目指す。

=}{*}

いま世界中の政治が抱えている最も重要な課題は,「勃興する知識産業をいかにこれまでの社会制度と調和させるか」だ。拡がる格差を補正し,大衆と選り人(エリート)の間の壁を壊し,一致団結して知識産業の発展に専念出来る国が次の超大国となる。それを私は希哲民主主義国家,希哲日本と呼ぶ。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha