整合性

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲9年(2015年)
04月04日 18:33
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

希哲館訳語は,原語が表す概念理解に努め,原語を取り巻く状況を既存の翻訳語古典も含めて入念に調べ上げ,語感,他の翻訳語との整合性使い勝手……あらゆる面から検討を重ねて造られている。一つの翻訳語に定まるまでボツ案が数十語出ることも珍しくない。それを自分で率先して使う。そんな翻訳語が数百はある。控え目に言っても「日本語史上最大の翻訳語体系」と表現せざるをえない所以。

=}{*}

やはり,PostgreSQL素交ソースコード)が一番混沌としている気がする。特に命名がひどくて整合性がまるでない。それでも使えるのだから,柔品ソフトウェア)における美しさとは何か考えさせられる。自分も SPI とかよくやるわ……。

=}{*}

いっそのこと,あらゆる政策をパッケージ化して,パッケージ管理整合性とか自動検証したりインストール出来たりすればいいのに。

=}{*}

これまでの作業と少し質が違うな,と感じるのは,HTMLCSSJavaScript も,整合性を保証してくれないからだな……。PostgreSQL の厳密性にいかに助けられていたか。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha