不登校

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲7年(2013年)
06月25日 14:57
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。

広告

一覧

=}{*}

少なくとも,身体的なイジメの問題はないだろうし,転校も容易ではある。

=}{*}

VR 学校が普及すれば不登校問題は解決するのだろうか。

=}{*}

世間は不登校経験者に教育上「後悔」の話をさせたがるが,本来それとこれとは別の話だ。後悔していようがいまいが子供に勧めることではない。

=}{*}

私の場合,学校に行かなかったことに後悔は全くないし,何度人生をやり直してもやっぱり似たような時期に不登校になっていたと思う。それでも子供に不登校を積極的に勧めないのは単純な話で,不登校で自分の価値を高められるのは極めて幸運な一握りの人間だけだからだ。子供に大博打は勧められない。

=}{*}

学校社会から本当の意味で自由になりたいなら,情技(IT)で世界級の成功を収める以外に無い。理論上は可能だ。

=}{*}

そこから目を逸らすなら,あなた達は学校に行かない子供に言うところの「まともな大人」でもなんでもないぞ,とは言っておく。

=}{*}

学校に行くことは大切なことだ」と子供に教えるのは全く正しいことなのだが,その学校に行かされた自分達がなぜ日本の最悪の現状を招いたのかも反省する必要はあるだろう。

=}{*}

10歳で学校に行ってないととんでもなく無知な状態で世間に出ることになる,と思っている人が多くて結構びっくりした。私は11歳頃から不良化して学校の勉強はほぼしていないが,成人してからあっさり高認合格してるし他人からは妙に頭が良さそうだと思われていた。だから,こんなこと言うと怒られそうだが中等教育なんて学力的にはほぼ無意味だと思っていた。

=}{*}

私だって,自分の子供が学校に行きたくないと言ったら可能な限り行かせる努力をすると思う。それは「我が道を行く能力・精神力・運に恵まれない子供」である可能性がある以上,大人の責任として。どうやってもはね返してくる子供だったら,ある程度のところで見切りをつけて,その個性を育ててやるのも親の責任だと思う。

=}{*}

ゆたぼん的な生き方が批判されるのは当たり前で,それを社会が肯定すべきだというなら学校教育の存在意義から再定義する必要がある。これはゆたぼん君に与えられた然るべき試練だし,これを乗り越えられない根性なら早く「更生」した方が彼の人生のためだ。私は社会に肯定されるようなことをやってもつまらんと思う子供だったので,誰が何と言おうと自分がやりたいことをやった。

=}{*}

学校に行かないという選択は,常人の何倍も知識や技能を得られるという自信があるなら別にいいと思う。人格なんて本人の資質次第で,学校に行ったからどうなるというものでもない。ただ,ゆたぼん君の場合,単に勉強したくないから行かない,という感じにも見えるのでそこが心配ではある。

=}{*}

私の場合,学校に行かなくても知識や教養面で他人に劣等感を覚えたことが無いので,それは重要だったと思う。学校に行かないことと知識を軽視することとはちょっと違う。

=}{*}

ただ,こういう話題の時に,大人達が「学校に行かないと駄目な大人になるよ」と言ってあげるのは大切なことだと思う。我が道を行くというのは本当に厳しいことなので,そこで折れてしまうような子は皆に合わせた方がいいし,本当に我が道を行く力のある子は誰に何を言われようと折れない。かつての私のように。

=}{*}

よく考えれば,10歳そこそこの子供の頃に自分の意志をもって行動を起こせる人間が「まとも」でないわけはない。誰よりまともだから世の中の不条理に疑問を持ち,それを変えるために行動出来るわけで,むしろこれからの世の中を指導する人間はこうでなくてはならない。

=}{*}

おかしな犯罪を犯したりする人のほとんどがそれなりに学校を出ていることを思い出してもらいたい。

=}{*}

学校に行ってなければ常識知らずで人との付き合い方が分からない,という人も多いし,それはたぶん自然な想像なのだが,12歳以降まともに学校に行っていない私が大人になって世間から受けた評価は概ね高かった。誰ともにこやかに接するし,前向きで真面目に徹していたので,「一番まとも」と言われたことも多々あった。

=}{*}

しかし,私もずいぶん時代を先取りしたものだ……。

=}{*}

しいて個人的に気になることといえば,学校の枠組みが嫌なのに YouTuber みたいな枠組みには疑問を持たないんだ,とか,話題作りに利用しようという大人達とちゃんと戦えるのかな,とかそれくらいか。

=}{*}

いま話題になっている10歳の不登校 YouTuber,12歳で学校社会を卒業した私には他人事とは思えない。「ろくな大人にならない」とか「将来困る」という意見もあるが,実際のところ,こういう人の方が大人になっても良い生活を送ってたりする。かといって,それが全肯定されれば学校教育の意義が崩壊してしまうし,言い方が難しい。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha