言語

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲6年(2012年)
08月25日 02:21
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
言語関連の描線。

一覧

=}{*}

しかし,言語の問題というのは明らかな問題であっても直視出来る人は少ない。誰がどう見たって今の日本語におけるカタカナ依存症は問題でしかないが,誰もまともに改善に取り組まなかった。

=}{*}{*}

=}{*}

この「非感覚差」というのは言語の改良を考える時非常に重要で,私が 可読性記述性のかわりに「速読性」「速記性」という用語を使う理由でもある。

=}{*}

昨日こんな文章を書いたが,一番やっかいなのは,言語の衰退は自覚しにくい,ということ。誰も悪いと思ってカタカナ外来語を使ったりしているわけではない。

言語を取り戻せ

https://kitetu.com/KNo.F85E/A-5B28-75F2

=}{*}

あらゆる言葉借り物に置き換えてきてしまった日本人たちよ,今が我々の言語を取り戻す時だ。

=}{*}

言語知識血液,いわば「知の血」だ。それをないがしろにしてきたことが,いかに罪深いことか。

=}{*}

論組(プログラミング)言語なんて何でもいい」……この考え方は,本当に日本の情技(IT)業界を腐らせたと思う。カタカナ依存症もそうだが,あらゆる意味で日本人言語をないがしろにしてきた。それじゃ何も作れないわけだ……。

=}{*}

=}{*}

とはいえ,私のように盤本(プラットフォーム)のみならず思想言語,(現実の)土地時代まで自分で作ろうという人間はアメリカ人にもほとんどいない。なぜならほとんどのアメリカ人よりも学校教育を受けていないからだ。

=}{*}

最初から国際共通語である言語など存在しないし,国際共通語であり続けた言語も存在しない。全ての言語は元を辿れば小さな一民族言語だった。大企業でも同じだが,盛者必衰歴史事実であり,「大きなものには敵わない」と考えてしまうのは単なる無知だ。つまり,英語もやがて衰退し,次の言語に道を譲るときが来る。日本人日本語でそこを目指さなくてどうする。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha