描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲8年(2014年)
10月10日 22:04
下描き希哲8年(2014年)
03月19日 00:51
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

を繋げること。

この描出は「素描」です。

一覧

=}{*}

言語は「知の血」だ。言語を蔑ろにするところには育たない。

=}{*}

ぶっちゃけ,私だってある程度の余裕環境が無かったら希哲館事業のようなことは出来ていない。このご時世,在野に徹するなんて自殺行為に近い。出来ている方が不思議なくらい。

=}{*}

というのは情報有機性のことなので,これがそのまま「インターネット知性を与える」希哲館の使命となる。

=}{*}

希哲時代は,無知憎悪に支配された時代から卒業し,希望による時代を切り開く。

=}{*}

というのは概念を結合することなので,OSS を知的にするということは,それぞれをばらばらの交度(コード)としてではなく,一つの体系の要素として捉えることだ。

=}{*}

私が OSS の限界として感じてきたのは,やはり「知的結合の弱さ」だ。閉じられていたものを開いたのはもちろん大きな功績だが,それだけで知になるわけではない。OSS がどれだけ普及したといっても,まだ非 OSS に勝ってはいない。今必要なのは単なる交度(コード)の寄せ集めではなく,「知の集積」だ。

12
出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha