ツイスト

描主宇田川浩行K#F85E
上描き希哲12年(2018年)
01月18日 00:36
下描き希哲12年(2018年)
01月17日 08:34
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール

希哲12年1月17日デルンにおける分散型マイクロブログ互換の描出として定義。Twitter におけるツイートMastodon におけるツートに相当する。

将来的に変更の可能性があるが,現時点では Mastodon 互換で,文字数制限等もこれに準じる(500文字)。編集は可能とするが,性質上,マイクロブログに投稿されるのは最初のみ。

ツイストには「より合わせる」といった意味があるが,ストリング(ひも,文字列)にもかかっていて面白い。単に異なるサービスをより合わせるだけでなく,描出をより密接に結びつける効果もある。

一覧

=}{*}

このデルン実装も,長い間,何で動いたのか,何で動いているのか分からないような状態で,内部は目を背けたくなるような代物だったのだが,それがこの間の「大理腑」(グレート・リファクタリング)で一気に解消してしまった。もう恐いもの無し,無敵だ。

=}{*}

ついに私も情技(IT)王か……。長かったような短かかったような。

=}{*}

こう気持ちよく解決すると,最適化の前に理腑リファクタリング),という判断の賢明さに魂が震える。

=}{*}

ここのところで SQL への苦手意識も克服出来たし,良いこと尽くめだ。

=}{*}

さあ,今日中にデルン大最適化で成果を出せるか。これは勝負だな。

=}{*}

私は子供の頃から特定の集団に入らず,気ままにふらふらしているのが好きだったので,こういう「クラスタをぶっ壊せ!」みたいな仕事には多分誰よりも向いている。

=}{*}

「えっ?まだ SNS なんか使ってるの?」という時代に片足突っ込んでるというか無理矢理突っ込んだというか。

=}{*}

こういう,「ポスト SNS 先駆者」の体で SNS 用者(ユーザー)にマウントを取っていくのは結構博打なスタイルだ。

=}{*}

もう一つ最近気付いたのは,私のように SNS の外に活動拠点を置いている「ネット民」は,もはや宇宙人みたいな存在なんだな,ということ。「SNS 外知的生命体」みたいな。

=}{*}

こういう判断が出来るかどうかで柔品(ソフトウェア)開発の期間は十年にも百年にもなる。

=}{*}

実はデルンボトルネック今月5日には判明していたのだが,その場しのぎの修正をするより,外掘りを埋めるように理腑リファクタリング)から攻めよう,ということになった。この判断は大きかった。

=}{*}

=}{*}

没苦縛苦妨苦乏苦……どれもそれっぽいが,まだ何か出そうだな。

=}{*}

このボトルネックも良い感じに訳したい。流石に「房筒根苦」(ぼうとうねく)では駄目だろう。

=}{*}

デルン大最適化,明日までには何とかなりそうだな。予めボトルネックを突き止めておいたのが良かった。

=}{*}

しかし,印刷機プリンタ)って無茶苦茶ステートフルだな。同じ手順で駄目でも繰り返すと直るとかあり過ぎて,論理的な挙動に慣れてるとハマりやすい。

=}{*}

日毎快適な環境になっていく。

=}{*}

ちなみに,テプラDVD などに直接貼ってはいけない。ここ一週間くらい大した出与え(データ)ではないからとやっていたのだが,思っていた以上に機器に影響があるらしいので普通に印刷機を使うことにした。

=}{*}

例えば,周辺機器知番を貼ってデルン上でいつどこで購入したか,どういう問題があったか,こう使うと便利,とか,色々な情報を描き出しておける。

=}{*}

最近はほとんど何にでも知番を付けている。

=}{*}

最近,駒手コマンド)一発で重要な出与え(データ)の書庫化から光学媒体への焼き込みまで出来るようにして,テプラ知番(knumber)を貼り付けてデルン上で管理,というイノベーションが起きている。

=}{*}

DVD とか入れるスピンドルケースって,意外に市販されてないんだな。日次抜控バックアップ)には持ってこいだと思うのだが……。

=}{*}

しかし,無茶苦茶な理腑リファクタリング)を無事終えてみると,静的言語RDBMS における形式性の有難味が身にしみて分かる。

=}{*}

大仕事の後でちょっと気が抜けているので今日も一日一文は休み。やはり午前中に書いておくべきか。

=}{*}

これがどれくらい精神的に大きいかというと,フォロワー数1を100万に換算して「実質フォロワー数1億越え」と考えられるくらい大きい。私の態度の大きさの根拠はこれを踏まえて見ると分かりやすい。

=}{*}

見ての通り,私には基本的に月庭デルン)があるので,例えば Mastodon 捌き(サーバー)が潰れようと大した問題ではないし,SNS ウケを狙わなくても月庭に情報を蓄積出来て月庭に握接(アクセス)が集まっていれば良い,という考え方が出来る。私にとってはずっとこれが日常だったのだが,実は凄く大きなことなのだと最近気付いた。

=}{*}

=}{*}

とはいっても,SNS から距離を取る,というのは簡単な話ではない。私のようにポスト SNS 的な構想を持って独自技術で対抗出来る人間が世界にどれだけいるか。多く見積もっても3桁いかないだろう。

=}{*}

SNS閉鎖性社会にもたらす弊害を予測出来なかったのだとしたら,少なくともこれからの哲学政治を語る資格はないな。

=}{*}

今日は非常に気分が良い。

=}{*}

SNS における「好きな情報源を選べる」利点と弊害の問題。本当は政治家が取り組まなければならないような重大な社会問題なのだが,その政治家が SNS を利用している時代なので……。

=}{*}

今日の一日一文。やっぱり今日は頭が冴えないな。

SNS と社会分断

https://kitetu.com/KNo.F85E/A-5B28-E0E2

=}{*}

久しぶりに半日休みを取ろう。

=}{*}

私の場合,意外と流行は早めに掴んでいることが多いのだが,あんまり商売に活かせたことはない。今のところは。

=}{*}

当時,「これは流行る!」と思えなかったのは商才の無さなのか。

=}{*}

そういえば,何年か前にタピオカ飲料がマイブームだった時期があった。まさか後でこんな変な流行り方をするとは思わなかった。

=}{*}

=}{*}

最近,フロントエンドバックエンドを「前系」と「後系」で訳して意外に悪くないと思ったのだが,「前縁」と「後縁」も良い気がする。既に辞書にある言葉だが,「」を「ふち」とも「つながり」とも解釈出来る深みがある。

=}{*}

日本には「保守層」の実質的な対義語が無い気がする。「無党派層」とは言っても「革新層」とはあまり言わないし。

=}{*}

そろそろ生活律動を元に戻したいので今日の一日一文は休むことにした。明日出来れば二つ書く。

=}{*}

いちいち「」を付けているのは大袈裟なようだが,デルンの方向性が完全に定まるまでこの手の作業を後回しにしてきて,良くも悪くもやるべきことが山のようにまとまっている。戦略的には大正解だったと思っているが。

=}{*}

大理腑リファクタリング)の作業,ようやく一段落した。「理腑」という訳語の通り,内臓をいじりまわすような作業で,なかなか精神的に来るものがあった……。

=}{*}

そこで「開発」(かいほつ)が仏教用語であることを活かせる。虎哲は「知剣」という異名を持つが,これは仏教でいう「智剣」(煩悩を断つ智慧)にもかかっている。論理実装主義柔道をなぞらえた「柔品」(ソフトウェア)という訳語……柔品開発はもはや一つの求道である。

=}{*}

これまで散々英語に合わせてきたのだから,情技(IT)でも「日本語ならではの表現」があってもいい。

=}{*}

いや,でもブラッシュアップだと何か表面的だな……。まあ,日本語なら「理容」でいいや。

=}{*}

リニューアル,でもないな。リノベーションリスタイリング……何か「デザインの意図」を保ったまま洗練させる,みたいな概念が欲しい。

=}{*}

そういえば,内部を整える「リファクタリング」(理腑)があるなら外面を整えることにも何か用語があってもよさそうなものだ。何かあったような気も……。

=}{*}

この大理腑リファクタリング)・大最適化が終わったら,次は前系フロントエンド)の大整理だな。「大理容」とでもいうべきか。

=}{*}

これに今の世界情勢を重ねて見たまえワトスン。運命というのは不思議なものだ。

=}{*}

ここまでなら絵に描いた餅かもしれないが,だとしても世界で最も美しい絵に描いた餅だとは言えるだろう。しかし希哲館事業の空恐ろしさは,こんな構想を実現する具体的な手段を見つけて,事業として軌道に乗せてしまったというところにある。

=}{*}

希哲館事業が世界史上最大にして最高の事業構想であると言えるのは,西洋最大の古典と現代最強の知識産業,そして東洋文化を結び付け,ジパング計画による希哲日本という国家模体(モデル)まで用意したからだ。

=}{*}

そしてこれが,技術的に不可能だった希哲フィロソフィア)と民主主義の結合を可能にする。プラトンの挫折から2千年あまりの時を越えた,「希哲民主主義」の誕生である。

=}{*}

みんなで「客観的」な知識を集めようという Wikipedia 的なことでもなく,みんなで好きな人とつながって,好きなことをつぶやいてればイイよねという Twitter 的なことでもなく,個人主観的に知識を改善・拡大していこう,というのがデルンが「メカソクラテス」たる所以。

=}{*}

こういう,「理性よりも感情に訴える言説」が優位になってしまう仕組みを変えないといけない,というのが KNS(knowledge networking service )の問題意識だ。

=}{*}

Twitter が議論向きではない,という一つの理由は,例えばこういう議論をした時に,冷静に状況を分析して論理的に整理された地味な話よりも,「Twitter だって議論は出来る!何の問題もない!」みたいな感情論の方がウケて拡散してしまいやすいこと。その先に今の社会分断がある,といっても大袈裟ではない。

=}{*}

Twitter は議論に向いていないというか,議論のための十分な機能が無いとは思う。「Twitter でも議論が出来る」ことは「Twitter が媒体として議論向きである」ことにはならないのだが,ここを間違えている人が多かった印象がある。議論が出来るか出来ないかだけなら,手紙でも電話でも議論は出来るだろう。

=}{*}

昔よく,Twitter は議論に向かない,いや向いている,という議論があった。少なくとも,対立している集団が対話出来る仕組みではないのは明らかになった。

=}{*}

面白い,と言っては語弊があるが,ここまで出来過ぎた筋書の中にいるのも不思議な感覚だな。

=}{*}

一昔前のアメリカならともかく,今のアメリカは「ならずもの国家」と言われても仕方ない状況だし,まさに正義なき時代理想なき時代が訪れたという感じだ。そしてここに希哲館があり,「新しい物語」がある。そして大戦はいつ起きてもおかしくない。さて……。

=}{*}

「自分の心地良い世界を作れる」って,少数派が自分の居場所を見つける,とかなら素晴らしいことのように聞こえるが,その規模が大きくなっていくと結構こわいことだよな。そこで「知る義務」なのかもしれない。

=}{*}

今日の一日一文は,「SNS こわっ」と最近よく感じることについて書く予定でおります。

=}{*}

そういや,私はデルンの実用化に成功した7年前から基本的にはデルン上で活動していて,SNSリアルタイム検索などで傍観してきたのだが,SNS 上の対立が異様に見える理由って,たぶんこのせいなんだな。「クラスタ」の中から世界を見ていると,どうしても自分に都合の良い情報しか見えなくなる。

=}{*}

これで第三次世界大戦でも始まったら,後悔してもしきれないし,ここまで新国際秩序ビジョンを持っていながらそれを活かせなかったら,未来歴史家に糾弾されること間違いなし。

=}{*}

ここ数日で一気に世界情勢がきな臭くなってきて,希哲館事業にも割と緊張感が生じている。知識産業革命による大戦回避は一刻を争う。

=}{*}

安倍さんのイラン訪問,日本人の典型的な「優柔不断」が悪い方に出た感があるな。誰にも嫌われないように,強い人には逆らわないように,とやっていたら結局誰からも軽んじられるという。日本人の永遠の課題よね。

=}{*}

……やっぱりうっとおしいな。

=}{*}

Twitter とかで「ナウ」とか付けるの昔から嫌いなのだが,ツイストではキャラ付けのために「綯う」を積極的に使った方がいいのか?と思うこともある。綯う。

=}{*}

ツイストは,デルン上で知識をより合わせるという効果もあるし,他のマイクロブログへの配信によってサービスをより合わせるという効果もある。二つの意味で「ツイスト」なのだ。綯う。

=}{*}

ツイスト,「ナウ」を「綯う」にかけていたのだが,知識をより合わせている感覚がありちょっと感動する。「マイクロブログ革命」は伊達じゃない。

=}{希哲13年6月14日のツイスト}

=}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}{*}

=}{*}

そういえば,もともと「○○円でも希哲館事業は売れない」とよく言っていたのが起源だった。要するに世界中の全ての金を積まれても売れない,ということだったんだな。

=}{*}

希哲館事業推定時価総額がなぜ3京円なのかというと,産業革命並みに世界経済を飛躍させる可能性があるとして,今の世界全体の GDP などから考えて1京円は下らないだろうという所から始まり,事業の状況によって変動させている。無茶苦茶なようで,私の実感には忠実に表現されている。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha