希哲館訳語

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲11年(2017年)
08月25日 22:30
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

実は希哲館発足当初から翻訳活動というのはしていたのだが,情技(IT)文書って翻訳しようとすると「英単語をカタカナに置き換える作業」が大半を占める。これは翻訳をしていると言えるのだろうか,という疑問が希哲館訳語の原点になっている。

=}{*}

希哲館は,史上初めて「日本語情技(IT)を扱った機関」かもしれない。と思うくらい,希哲館訳語以前以後の情技文書には差がある。

=}{*}

希哲館訳語交度英語(Code English)を収録した『希哲辞典』,一刻もはやく公開すべきだな。日本語に対する義務として。

=}{*}

浮動小数点数」とかも,今思えば不思議な訳語だ。こういうの,最初に考えた人達って「使いにくい」とは思わなかったのだろうか。ちなみに希哲館訳語でも中国語でも〈floating point number〉は「浮点数」と訳す。

=}{*}

膨大な希哲館訳語はもちろん,眩暈がするような希哲館事業構想も,デルンなしではまとめられなかったと思う。

=}{*}

最近よく思うのだが,情技(IT)日本語を改善していくためには,希哲館訳語の普及以前に「なぜカタカナ語依存症は危険なのか」というところから啓蒙活動の必要があるのかもしれない。良い悪い以前にそもそも考えていない,ということが問題な気がする。

=}{*}

希哲館訳語では,「32コア64スレッド・クロック周波数3GHzのプロセッサー」を「32核64糸・刻周波数3GHzの処理器」と表現出来る。これだけ短い表現でも10文字の短縮。

=}{*}

」(こく,クロック),最近の希哲館訳語では,「核脳」(カーネル),「付徴」(フィーチャー)あたりに並ぶ完成度か。

=}{*}

希哲館訳語は「翻訳語体系」としては日本語史上最大のものとなるが,この網羅的体系性は当初から私が意識して育ててきたものだ。これによって,個々の訳語を自然に,整合的に使えることがある程度担保されるわけだ。

=}{*}

希哲館訳語が使えるだけで情技(IT)日本語が見違えるように美しく,簡潔に,そして表情豊かになる。

=}{*}

ハードウェアソフトウェア希哲館訳語は,直訳系を「剛品」「柔品」とし,意訳系をハードウェアは未定,ソフトウェアは「想品」とする。従って,過渡的に「剛品」「想品」の組み合せを使ってもいい。現実的かつ美しい解決。

=}{*}

そういえば,日本の情技(IT)教育の障害にカタカナ語悪訳語の氾濫があったな。現状,情技関係の日本語とか最悪に近いし,正直子供に教えたいものではない。希哲館訳語の普及を急がなくてはならない。

=}{*}

希哲館訳語の主な焦点は,翻訳されずに放置されているカタカナ語の翻訳にあるのだが,定着してしまった悪訳の改訳を試みることもある。過去には浮動小数点を「浮点」としたり,最近では名前空間を「名称空間」にしたり。

=}{*}

実は,膨大な希哲館訳語もこの大全を記述するために蓄えはじめたものだ。

=}{*}

零帝root)とか代魔(デーモン)とか,Unix の世界が希哲館訳語を使うと神話のようになってくるな。

=}{*}

例えば,良い文章を思いついたとしても,そこに見慣れない独自の翻訳語を使えば当然敬遠されることが多い。ここで,フォロワーが欲しいとか,拡散して欲しいとか,そういう感情があるとやっぱり見慣れたカタカナ語を使っておこう,ということになってしまう。そこを一切無視して書きたいように書けてしまうのが私だ。

=}{*}

私の文章を見ていれば分かることだが,基本的に私は自分で造った翻訳語を自分で使う。これが他の追随を許さない希哲館訳語の蓄積につながっているわけだが,いうまでもなく「協調性」にとらわれていると出来ないことで,つまり,日本人の苦手分野だ。日本語が日本人らしさでは守れないという皮肉な状況にある。

=}{*}

逆に言えば,外来語を片っ端から体系的に翻訳していこうという希哲館訳語みたいな試みは,私のように空気を一切読まず思いついたことを一人でやり続ける精神性を持った人間にしか出来ない。という意味では,私がやらなくてはいけないことなんだろうな,と思っている。

=}{*}

希哲館訳語は,やり方さえ間違えなければ必ず普及すると思う。競合も代替もないし,カタカナ語まみれの文章に対して圧倒的に表現力と簡潔性で勝る文章が作れるから。そのやり方が難しいかもしれないが。

=}{*}

それでも漢語は便利だ。省割(ショートカット)とか寸片(すんぺん,スニペット)とか制危(セキュリティ)とか,もう手放せない希哲館訳語は多い。最近だと「軽常」(カジュアル)は気に入っていてよく使う。

=}{*}

この種の希哲館訳語で,最近重宝しているのはやはり「出与え」(であたえ,データ)か。データとは本来「与えられたもの」を意味する言葉。

=}{*}

希哲館訳語を普及させるために,『希哲辞典』というサイトを作ることを考えている。dict.kitetu.com あたりで。

=}{*}

ちなみに,引括(インクルージョン),渡括(トランスクルージョン)はともに希哲館訳語。私はもはや希哲館訳語なしに技術文書を書く気になれない。言語としての表現力が違い過ぎる。

=}{*}

漢字音大和言葉を組み合わせた希哲館訳語にも味わい深いものが多くある。論組(ろんぐみ/プログラム),素決め(すぎめ/スキーム),類張り(るいばり/ライバル),面触れ(めんぶれ/メンバー),理積み(りづみ/アルゴリズム)……

=}{*}

翻訳語というと,どうしても漢字に頼って漢語系の造語になりがちなのだが,希哲館訳語には大和言葉系のものも数多くある。情報技術用語に限っても,駒手(こまで/コマンド),道手(みちで/メソッド),場筋(ばすじ/パス),出放り(でほうり/デフォルト),手定め(てさだめ/テスト),集め振り(あつめぶり/アセンブリ),諸場(もろば/モバイル)……他,枚挙に暇がない。

=}{*}

割と古い希哲館訳語に,論組プログラミング)における「コンテナ」にあてた「梱体」(こんたい)というのがあるが,Docker などのおかげで最近は仮想化の文脈でも利用価値が出てきた。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha