希哲館訳語

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲11年(2017年)
08月25日 22:30
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
「なんでもメモ」サービス、デライト公開中!
https://dlt.kitetu.com

広告

一覧

=}{*}

『希哲辞典』,こうやって希哲館訳語を並べていくと,以上に「」とでもいうべきものが翻訳語にはあるらしいということが分かる。核脳カーネル),射雨シャワー),如零ヌル),理腑リファクタリング),麗厳エレガンス)とか,整っている以上の魅力がある。

=}{*}

希哲館訳語以外で個人的に好きな翻訳語岡田武松さんによる「風炎」(フェーン現象)。これは現象を想像しやすく,音声もしっかり掴んでいる良い例。

=}{*}

単体の項目だけで面白い希哲館訳語と,組み合わせに意味がある希哲館訳語がある。例えば,オブジェクト指向を「客体指向」,クラスを「類型」,プロトタイプを「原型」,インスタンスを「個体」などとしているが,これらは全て既存の言葉を使った翻訳語で,組み合わせの妙に価値がある。

=}{*}

ちなみにこれは造語性のある希哲館訳語に限った数。「省割」(ショートカット)とか「道手」(メソッド)のように面白いのだけが希哲館訳語ではない。例えばオブジェクト指向を「客体指向」と訳すとか,一見地味なものはさらに無数にある。

=}{*}

今日も『希哲辞典』希哲館訳語を追加していく。すでに180語くらいになることは確定している。あと,忘れていた希哲館訳語を少しずつ追加していって200語を越えるか。

https://dict.kitetu.com/

=}{*}

希哲館訳語というのは,言ってみれば新大陸に一番乗りして広大な土地を開墾しておいたようなもの。開拓というのはこういうもんだよな。

=}{*}

希哲館訳語を造り始めてから,私は,日本人としての言葉を奪われていたことを初めて実感した。日本語って,こんなに借り物だらけだったのかと。

=}{*}

どんなに拙くとも,自分の言葉で語ることには価値がある。希哲館訳語は,我々日本人にとってその第一歩であると信じたい。

=}{*}

最近,希哲館訳語の話ばかりしているが,希哲館訳語は希哲館用語部分集合で,概念的に面白いものはどちらかというと翻訳語ではない方にあったりする。「第二次大翻訳時代」とかも良い構想だと思う。

=}{*}

この勢いだと,大袈裟でなく,日本語希哲館訳語以前以後で全く質の違うものになるかもしれない。

=}{*}

現時点の見込みで,ある程度確定的新造翻訳語案だけで200語前後,造語性の無い無難翻訳語などを含めて500語前後,その他試案などを含めると最悪1,000語を越える可能性も出てきた。なお,自然な派生語複合語を含まない数字。

=}{*}

リラックス希哲館訳語として「利楽」というのもあるが,これは何かその手の施設によくありそうであれかもしれない。一応,仏語にあるのだが。

=}{*}

希哲館訳語を造っていると,時々,自分は宇田川榕菴末裔なのではないか,と思うことがある。「宇田川浩行」というのは本名で,蘭学の宇田川家とは特に繋りはなく,別に榕菴を意識して始めたことでもないのだが,結果的にやることが似通い過ぎている。宇田川七不思議の一つ。

=}{*}

正直,これだけあると自分でも忘れていた希哲館訳語というのが多々あり,今のところ終わりが見えない。

=}{*}

希哲館訳語のようなものがこれまで無かった一つの理由に,英語中心主義の普及というのはあるかもしれない。翻訳って,どこか国粋主義というか,自文化中心主義的な動機が必要で,日本語で自分の思想を表現したい,という強い思いがないと出来ない。

=}{*}

まああとは,一つに案が定まってない希哲館訳語も大量にあるので,これらをどう配列するかとかもちょっと工夫が必要だな。

=}{*}

こういう「独特で面白い翻訳語」だけで軽く100語を突破する希哲館訳語だが,無難な翻訳案とか,組み合せの妙で使えるようにした翻訳とかも合わせると,やっぱり狂気翻訳語体系と言わざるをえないな……。

=}{*}

というわけで,希哲館訳語を収録した『希哲辞典』の発足とともに,希哲館訳語を活かした『希哲技典』も発足させることにした。デライトも手に入れ,本来やりたかったことにやっと戻ってきたという感じ。

=}{*}

それからしばらく,希哲館訳語Org-Mode譜類ファイル)一つに書かれた「翻訳語メモ」くらいの規模だった。それが8年前のデルンの実用化を契機に飛躍的に発展した。

=}{*}

希哲館訳語は,もともと「コンピューティング・ルネサンス」という希哲館事業最初期の望事プロジェクト)を補完するものから始まっている。勘報コンピューティング)に関する体系的情報源を作りたいと考えた時,日本語にそれだけの記述能力が無い,という問題に直面した。

=}{*}

「ほとんどの外来語は十二分に翻訳可能である」というこの現実から目を背けたければ好きにすればいいが,私はこれから何十年でもこの希哲館訳語整備普及活動を行っていくので,卑怯者逃げ場はない。時間がかかればかかるほど私の功績に,あなたの汚点になる。

=}{*}

『希哲辞典』希哲館訳語,さらに軽々70語を突破。今日はこのくらいにしておこう。

https://dict.kitetu.com/

=}{*}

希哲館訳語日本語を取り戻す。それは,日本人の力を取り戻すということでもある。

=}{*}

で,これらは複合語を含んでいないので,全体として翻訳可能になるカタカナ語の数は少なく見積ってもその数倍,ということになる。控え目に言っても希哲館訳語が「日本語史上最大の翻訳語体系」である理由。

=}{*}

希哲館訳語にも,もう文句の付けようがない質のもの(上等訳語),暫定的なもの(中等訳語),いくつか案はあるがまだ決定していないもの,没案(下等訳語)など様々なものがある。いま評価を進めながら『希哲辞典』に収録しているので最終的な数は確定していないのだが,上等訳語のみで100語以上,中等訳語も含めて200〜300語になるか。

=}{*}

『希哲辞典』希哲館訳語,軽々50語を突破。これを全部自分で考えたと思うと,もはや精神異常の域だな。

https://dict.kitetu.com/

=}{*}

そして,人間精神を全てありのままに表現出来るデルンKNS で生活しているからこそ生み出せたものが数多くある。デライト希哲館訳語も,希哲館事業構想そのものも。「他人の人間観」から解き放たられなければ出来なかったものだと思う。

=}{*}

日本の知識産業発展希哲館訳語が欠かせないものになることは必定,という思いを新たにしている。

=}{*}

希哲館訳語,やばいやばいとは思っていたが,やっぱこれは正気の沙汰じゃないな……どうしよう……。

=}{*}

希哲館訳語は,自分でもなぜ出来ているのか不思議になるものの一つで,これが知能増幅(IA)技術効用なのだろうと思っている。

=}{*}

希哲館訳語献典コンテンツ)として面白くないわけがないので,これで飛当ヒット)してしまったら,ちょっと複雑な気分でもある。

=}{*}

希哲館訳語には,他の誰が使わなくても使いたくなるような魅力的なものが多く,実際,使うことで非常に良い気分になれる。ある種の麻薬である。

=}{*}

『希哲辞典』は,日本語史上最大の翻訳語体系である希哲館訳語を中心に収録した辞典サイトです。現代で多用されるカタカナ語を数多く翻訳しています。……と,こんな感じで説明文を俺は書く!

=}{*}

希哲館訳語では,もう改善の余地の無い翻訳語を「上等訳語」,暫定的な翻訳語を「中等訳語」,没案を「下等訳語」と等級分けしており,現在評価中だが上等訳語だけで数百語にのぼる見込み。『希哲辞典』は,紛れもなく「日本語史上最大の翻訳語体系」を収録した狂気のサイトとなるだろう。

=}{*}

まあこれまでの翻訳語を提案するようなサイトと比べても,希哲館訳語は「日本語史上最大の翻訳語体系」を謳うだけあってともに圧倒的なものがあるという自負はある。ただ,頭のすみっこに「翻訳語サイトが流行らないのは内容の問題なのか?」という不安もある。

=}{*}

膨大な希哲館訳語を収録した『希哲辞典』ではあるが,正直言うと,これでどういう反応を得られるのか,まったく予測が付かない。12年以上翻訳語の蓄積を続けてきて,この手のサイトを作らなかった理由は簡単な話で「反響が無いから」だった。これは希哲館訳語に限らず,翻訳語系のサイトは一般に人気が無く,10年以上前にあった似た趣旨のサイトは全て廃れた。

=}{*}

例えば,さっきの「累新」(ルネサンス)なんかは希哲館訳語における代表的な「客観訳語」の例で,これは当時のルネサンスの担い手の「再生」という意識そのものよりも,その結果として文化連続性回復され,西洋社会がいわゆる「巨人の肩」を得たという歴史現象そのものを表現した翻訳語

=}{*}

今日のイチオシ希哲館訳語るいしん累新ルネサンスRenaissance)。日本史上の大きな社会革新である改新維新をもじり「累(かさ)ねて新しくする」の意を与えた造訳語

=}{*}

今日の面白い希哲館訳語ごたい語体ロゴタイプ。一般に「ロゴ」と略される,図案化された文字列のこと。

=}{*}

いまは,希哲館訳語を収録した『希哲辞典』を立ち上げようとしているのだが,やはり語体ロゴタイプ)が面倒臭い。別に h1文字列だけでも良いのだが,気分的に……。

=}{*}

今日の便利な希哲館訳語ゆうが遊画ビデオ ゲームvideo game)。日本語ではかつて「テレビゲーム」という表現が存在したものの,形態多様化により廃れ,しばしば混乱を招く「ゲーム」のみで呼称される。

=}{*}

希哲館訳語は,もはや一つの技術かもしれない。デライト開発はこれがなければ成立していない。

=}{*}

言うまでもなく,希哲館訳語の構築もその膨大なスコレーのなせるわざだった。

=}{*}

希哲館訳語,「日本語史上最大の翻訳語体系」とはいうが,そりゃまあ誰もここまでやれないわな,と一つ翻訳語を造るたびに思うのであった。

=}{*}

希哲館訳語を造っていて思うのは,これも結局,デルンと同じで多くの人にとって「あったらいいもの」でしかない,ということ。日本語カタカナ依存症を問題視する人は多いが,じゃあ翻訳語が「なくてはならないもの」かというとそうではない。そう考えると,デライトのように,徹底的に参照しやすくした辞書サイトがやっぱり必要か。

=}{*}

今日のイチオシ希哲館訳語かんぺん勧遍】(宣伝活動の意での)キャンペーンcampaign)。勧め遍(あまね)くするの意。

=}{*}

今日の便利な希哲館訳語ざっぴ雑飛ザッピングzapping)。カタカナ語としての原語は,主にテレビ着路チャンネル)を気ままに切り替えて視聴することを指す。近年では,情報媒体から乱雑に情報を集めたり,物語上の視点を細かく切り替えるような演出についても使うようになった。

=}{*}

今日の面白い希哲館訳語まんとう漫套マントmanteau)。外套の一種で,肩から羽織る袖無しのもの。「」は締まりなく広がる様を表す

=}{*}

=}{*}

ランダム希哲館訳語乱為」(らんだめ)について少し検証。字は無作為のようで悪くないのだが,和語ため」のすっきりした解釈が出来ないので迷っていた。

=}{*}

今日の便利な希哲館訳語こんぱく梱薄コンパクトcompact)。「」はしばるたばねるの意。「」は薄いの他,少ない軽いの意でも用いられる。

=}{*}

サービス希哲館訳語として短期的に実験していた「侍い」(さぶらい),サービスとの類似性は面白いのだが,語感がちょっと重くて,商業的には使いにくいな。

=}{*}

最新の希哲館訳語さぶらい侍いサービスservice)。サービスはサーブserve)の名詞形で,原義奴隷として仕えること。さぶらいは「さぶらう」の連用形で,原義は貴人に仕えること。サムライ由来

=}{*}

基本,デライトでは希哲館訳語を極力使わない方針。そもそもデライトデルン)自体が宇宙から来たような未知道具なのに,希哲館訳語なんか使ったら訳分からな過ぎてまず誰も近付けない。

=}{*}

ヘルプ希哲館訳語,今のところ「手引き」としておいて,用合い(UI)では「使い方」みたいな表示にしておく,というのが自然で分かりやすいかなという感じ。デライトではそうしている。

=}{*}

今日のイチオシ希哲館訳語:こしゅう【顧衆】コンシューマー(consumer)。原語は「消費者」と訳せるが,商業においてはカタカナ語として用いられることも多い。「顧客としての公衆」の意で造語。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha