日本の情技企業

描主宇田川浩行K#F85E
下描き希哲13年(2019年)
03月19日 03:06
利承
ライセンス
希哲館普通利承(KULクール
この描出は「素描」です。

広告

一覧

=}{*}

柔品(ソフトウェア)開発をしていて,これは成功したなあと思う判断って,大抵「日本人的ではない」ことだったりする。常識や形式よりも今本当に必要なことを見極めて,大胆に実行する。目先にとらわれず常に戦略を意識する。やればやるほど,日本の情技(IT)企業が弱い理由が分かってしまう。

=}{*}

なぜ日本の情技(IT)企業が弱いのか。答えは一つしかなくて,新しいものを創っていないからだ。新しいものを創るということは当然冒険するということだ。日本人なら周りを見渡せば分かるだろうが,「冒険出来る日本人」なんてほとんどいない。外国の流行を追うか,内輪ウケに逃げるか。これしか出来ない。悲しいかな。

=}{*}

何度でも言おう。日本FAAMG を越えられる技術を持っているのは希哲社だけだ。

出力論組プログラム虎哲*イチ 1.01
制作・運営:希哲社
© K1-13 (2007-2019) KiTetuSha